4. Adobe Substance活用 3ds Maxでマテリアルの設定

3ds MaxでAutodeskマテリアルをSubstanceマテリアルに入れ替えます。連携元ソフトで割り当てたマテリアル情報を継承するため入れ替えは簡単に行えます。その際、V-Rayの機能を使うとより効率的に行えます。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

シリーズ動画

この動画についてさらに詳しく知りたい!

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します