4. Adobe Substance活用 3ds Maxでマテリアルの設定

3ds MaxでAutodeskマテリアルをSubstanceマテリアルに入れ替えます。連携元ソフトで割り当てたマテリアル情報を継承するため入れ替えは簡単に行えます。その際、V-Rayの機能を使うとより効率的に行えます。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!