1. Adobe Substance活用 デモンストレーションの概要説明

デモンストレーションの流れを図でご紹介します。Revitで設計した建物、Inventorで設計した椅子、Adobe Substanceで作成したマテリアルを3ds Maxに読み込み、V-Rayレンダリングで内観パースを制作します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!