6. Adobe Substance活用 デモンストレーションのまとめ

デモンストレーションでご紹介したデータ連携の確認です。CADで設計した生データとAdobe Substanceで作成したマテリアルを組み合わせて使用するメリットや3ds MaxのプラグインソフトであるV-Rayの便利な機能をご紹介します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!