6. Adobe Substance活用 デモンストレーションのまとめ

デモンストレーションでご紹介したデータ連携の確認です。CADで設計した生データとAdobe Substanceで作成したマテリアルを組み合わせて使用するメリットや3ds MaxのプラグインソフトであるV-Rayの便利な機能をご紹介します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

シリーズ動画

この動画についてさらに詳しく知りたい!

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します