IT導入補助金 対象製品

ARCHITREND ZERO

建築設計からプレゼン、各種申請、積算・見積り、アフター管理までをサポート

1987年に初代ARCHITRENDが発売から導入企業は35,000社を超え、国産建築CADのスタンダードとなったARCHITRENDシリーズ。

シリーズ5作目のARCHITREND ZEROは、シンプルなインターフェイスで操作性・機能性の向上を追求。国内の住宅設計(在来工法・2×4工法・S / RC工法)に対応したトータル3D建築設計システムです。

福井コンピュータアーキテクト株式会社、ARCHITREND ZERO Ver.9を発売

2022年9月14日(水)に「ARCHITREND ZERO Ver.9」がリリースされます。Ver.9では2025年度省エネ適合義務化も見据え、省エネ設計機能を刷新。データ共有サービス(ARCHITREND Drive)との連携をさらに強化し、新しいワークスタイルの提案と業務効率化ならびに使用満足度の向上を図っています。

ARCHITREND ZERO Version.9を2022年9月14日に発売

特長

間取り入力から即座に3次元モデルを生成

ZEROは、間取り入力から即座に立体モデルを生成します。モデルはプレゼンや申請書類など設計業務に必要な書類や図面、CGパース等とデータ連動し整合性をキープ。入力は設計スタイルに合わせて自在にカスタマイズでき、感性にフィットした操作で提案までの時間を圧倒的に短縮します。

最高のプレゼンで感動を

ZEROは、施主様に合わせて選べる多彩なプレゼン機能を網羅。高品質なパースや建築模型、話題のVR(バーチャルリアリティ)体験、iPhoneやiPadによるアニメーションなどあらゆるプレゼン手法でお客様を魅了します。

法改正を味方に

頻繁に行われる法改正への対応は設計者にとって大きな負担。特に制度ごとに異なる図面や書類の作成はオペレーターの負担を増し、会社全体の生産性も低下させかねません。

そこでZEROは、会社・設計者により異なる設計スタイルに合わせた高速オペレーションを実現。あらゆる図面と書類をストレスなく高速で作成します。

合理的な構造設計

耐震性や省エネ性能への関心が高まる中、構造設計の重要性が増しています。近年拡大中の大規模木造分野でも構造計算が欠かせません。

ZEROの構造設計は、木造・2×4・S造・RC造まで幅広く対応。意匠データやプレカットCADと連携し、不慣れな方も初期段階から手軽に構造を検討できます。

スピーディーな積算

スピーディーで精密な集計&積算ワークもZEROの得意技。工事項目や拾い出し項目は過去見積りを再利用し、数量や仕様はCAD図面から自動集計できるので、拾い漏れを防ぎ見積業務のスピードアップを実現します。

オプション

ARCHITREND ZEROには次のオプションがあります。

  • プレゼンオプション
  • 実施設計オプション
  • 確認申請オプション
  • 営業・見積りオプション

ARCHITREND ZEROをもっと知る

ARCHITREND ZEROを安心してご利用になるための各種サポートサービスもご用意しています。お気軽にお問い合わせください。