Autodesk InventorとAutodesk Inventor LTは何が違うの?

Autodesk Inventorファミリー製品によるデジタルプロトタイプの実現

Autodesk社の「Autodesk Inventor」にはいくつかのファミリー製品があります。Autodesk Inventor LT(以下、Inventor LT)はAutodesk Inventorの簡易版製品です。3Dで部品設計や部品図の作成まではできますが、アセンブリ作成はできません。

上位版としてAutodesk Inventor(以下、Inventor)やAutodesk Inventor Professional(以下、Inventor Professional)があります。アセンブリ設計はもとより、板金設計や金型設計、配管設計、構造解析、機構解析などの検証ができます。今回はAutodesk Inventorファミリー製品の違いや導入時の検討ポイントをまとめました。

InventorとInventor LTの機能比較

Inventor LTはInventorと比べいくつかの機能制限があります。

製品機能
Autodesk Inventor LT
  • 3次元メカニカル設計(部品設計)
  • シートメタル設計(一部のみ)
  • ビジュアライゼーション(Inventor Studio)
  • データ管理(Vault)
  • ネイティブDWG互換性
  • ネイティブトランスデータ
Autodesk Inventor
  • Autodesk Inventor LTのすべての機能
  • 3次元メカニカル設計(部品、アセンブリ設計)
  • シートメタル設計
  • プラスチック部品設計
  • Eco Materials Adviser(環境影響設計)
  • ルールに従った設計(iLogic)
  • 標準部品ライブラリ
Autodesk Inventor Professional
  • Autodesk Inventorのすべての機能
  • 金型設計
  • 配管設計(チューブ&パイプ設計)
  • 配線設計(ケーブル&ハーネス設計)
  • 機構解析(ダイナミックシミュレーション)
  • 有限要素解析(FEA)

では、具体的にInventor LTでは、どのように制限されるのかInventorと比較してみましょう。

3次元メカニカル設計

Inventorはアセンブリ設計や組立図の作成まで可能ですが、Inventor LTは部品設計や部品図の作成までで、アセンブリ作成はできません。

  • Inventorでの設計図

  • Inventor LTでの設計図

Inventor導入のポイント

アセンブリを作成する場合はInventor LTではなく上位機種であるInventorを選択する必要があります。

シートメタル設計

Inventorはフランジ、ヘム、継ぎ目、パンチなどのシートメタル機能のフルバージョンを使用した板金部品の作成や展開をすることができますが、Inventor LTは機能の一部のみの搭載で板金部品を展開することができません。

板金部品の展開表示

板金部品の展開表示

Inventor導入のポイント

Inventor LTはシートメタル機能に制限があるため、板金部品の設計や展開をする必要がある場合は、上位機種であるInventorを選択する必要があります。

プラスチック部品設計

Inventorはプラスチック部品作成のために「プラスチックフィーチャー」が装備され、半自動で効率よく設計することができます。Inventor LTには、プラスチックフィーチャーが装備されていないため作成に時間を費やしてしまいます。

プラスチック部品図

  • グリル:パーツの薄肉部分に通気孔や開放部を作成します。
  • ボス:部品を結合するためのヘッドのボス、および締結のねじ部分を受け取るボスを作成します。
  • リップ:壁に沿ったパーティングラインで二つのパーツを結合するために溝を作成します。
  • スナップショット:部品を結合するためのフックやループを作成します。

Inventor導入のポイント

プラスチック部品の作成が多い方には、効率よくプラスチック部品が作成できるInventorを選択されることをお勧めします。

構造解析

Inventor Professionalは部品やアセンブリの構造解析(応力、変位、ひずみ、安全率など)や固有値解析の検証ができますが、Inventor LTは解析機能は搭載されていませんので、設計に対する検証を実施することはできません。

  • 応力

    応力

  • 変位

    変位

Inventor導入のポイント

部品やアセンブリに対して構造解析や固有値解析による設計検証をする場合は、Inventor LTではなく上位機種であるInventor Professionalを選択する必要があります。

ビジュアライゼーション

Inventor LTには「Inventor Studio」というビジュアライゼーション機能があります。リアリスティックなレンダリングや拘束条件に沿った簡易アニメーションが可能ですが、プレゼンや営業活動に使用するには「見せる」力が不足しています。

Autodesk Product Design Suiteに含まれているAutodesk ShowcaseやAutodesk 3ds Maxを利用すれば、写真のような高品質のCG画像や高度なアニメーションを作成できます。設計意図を的確に伝達したり、電子カタログの製作にも役立ちます。

Autodesk Product Design Suite 製品情報

標準搭載ツールによるレンダリング。複雑な設定はできずマテリアルライブラリの選択肢も少ない

標準搭載ツールによるレンダリング。複雑な設定はできずマテリアルライブラリの選択肢も少ない
提供:Prensa Jundiai, Brasil

Autodesk ShowcaseやAutodesk 3ds Maxでは多彩な質感や色、背景などが選択でき、本格的なアニメーションも作り込める

Autodesk ShowcaseやAutodesk 3ds Maxでは多彩な質感や色、背景などが選択でき、本格的なアニメーションも作り込める

Inventor導入のポイント

効果的なプレゼンや営業活動には、Autodesk Product Design Suiteに含まれているAutodesk ShowcaseやAutodesk 3ds Maxの使用をお勧めします。

動画でビジュアライゼーションを見てみよう

Inventor LTで制限される機能

Inventor LTでは次の機能をご利用になれませんので、ご注意ください。

機能概要ポイント
Eco Materials Adviser
(環境影響設計)
代替材料検索、環境影響分析機能(CO2排出量、水使用量、原材料の推定コスト)エコ設計の必要性があれば必要
ルールに従った設計
(iLogic)
設計仕様に合わせてルールを作成し、設計を自動化できる機能設計を自動化し設計効率を求めるなら、あると便利
100万点以上の標準部品ライブラリ世界18ヶ国の国際規格部品を標準装備(締結器具、形鋼、シャフト部品、フィーチャーなど)あると標準部品作成工数が作成
マクロの実行マクロ(VBA)の作成や実行する機能Inventorをカスタマイズするには必要
金型設計
(Professional)
コア/キャビ生成、ランナー、ゲートモールドベース、成形品重鎮解析機能金型設計するには必要
チューブ&パイプ設計
(Professional)
複雑なチューブやパイプ配管の設計を効率化できる機能配管設計するには必要
ケーブル&ハーネス
(Professional)
ワイヤー、ケーブル、スプライス、リボンケーブル作成機能電気系コンポーネントを設計するには必要
ダイナミックシミュレーション
(Professional)
機構を構成する各コンポーネントの位置、速度、加速度、荷重を解析する機能機構部の動作を動的に検証するには必要

詳細資料

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)