DataClasys 動作環境

ソフトウェア/対象OS

ユーザークライアント(注1)Windows 10 32、64bit
Windows 8.1 32、64bit
Windows 8 32、64bit
Windows 7 32、64bit
Windows Vista 32、64bit
Windows XP 32bit
マネージャクライアント(注2)Windows 10 32、64bit
Windows 8.1 32、64bit
Windows 8 32、64bit
Windows 7 32、64bit
Windows Vista 32、64bit
Windows XP 32bit
Windows Server 2012 64bit / 2012 R2 64bit
Windows Server 2008 32、64bit / 2008 R2 64bit
サーバー(注2)Windows Server 2016 64bit
Windows Server 2012 64bit / 2012 R2 64bit
Windows Server 2008 32、64bit / 2008 R2 64bit
自動暗号化サーバー(注2)(注3)Windows Server 2016 64bit
Windows Server 2012 64bit / 2012 R2 64bit
Windows Server 2008 32、64bit / 2008 R2 64bit
データベースPostgreSQL
暗号方式公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式のハイブリット
公開鍵:RSA(鍵長2,048bit)
共通鍵:AES(鍵長256bit)
  • (注1)仮想デスクトップのゲストOSでも動作可能(シンクライアントはVDI方式、SBC方式に対応)。アプリケーション共有型仮想環境の場合はご相談ください。ドライバーなし版でインストールする場合は上記に加えWindows Server 2008 / 2008 R2、Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016で動作可能。
  • (注2)仮想デスクトップの上記ゲストOSでも動作可能。
  • (注3)NASなどの専用OSで動作するファイルサーバーを対象にフォルダー自動暗号化を設定する場合に必要。
  • * 仮想環境での動作は、仮想プラットフォームを提供するベンダーにより動作保障範囲が異なるため、お客様による障害切り分けを前提としてお使いいただくことがあります。

ハードウェアスペックの目安

 サーバー(注1)クライアント(注2)
CPUPentium 2core以上Celeron以上
メモリー2GB以上1GB以上
HDD100GB以上1GB以上
  • (注1)ただし、利用者・利用ファイル数により異なりますのでご相談ください。
  • (注2)ご利用のアプリケーションが動作するスペックが望ましい。仮想化環境(VMware、Hyper-V)での動作は確認済み。

サーバー構成

サーバーの台数により、搭載する機能が分かれます。

サーバーが1台の場合

1台Windows 2008 / 2012 / 2016サーバー+ファイルサーバー
DataClasysフォルダー自動暗号化
DataClasysサーバー

サーバーが2台の場合

1台Windows 2008 / 2012 / 2016サーバー+ファイルサーバー
DataClasysフォルダー自動暗号化
※ 既存のファイルサーバー利用可
2台目DataClasysサーバー