ECAD DCX

電気設計業界のスタンダードCAD

日本の制御盤を設計してきたECADは「ECAD DCX」として、ECAD dioの機能と資産を継承しつつ、リレーショナル・データベースの追加によって効率化と整合性をより高めた電気設計ソリューションとなりました。

ECAD dio からの継承

ECAD DCXはECAD dioの拡張ソフトウェアです。日本で流通しているECAD dioの図面形式に対応していますので、電気設備の取引先や図面管理のデータ形式を変えずに、生産効率を高められます(電気回路の作図、配線状態のチェックまで作業ミスを起こさずに進められ、ハーネス設計までの幅広い設計業務への拡張可能)。

ECAD DCXの主な強化点

回路設計における主な作図機能

  • JIS規格に準拠したシンボル(電気記号)を画面から選択して簡単に配置。
  • よく使う回路はパターンとして登録可能。
  • 自動接続、線番の自動割り当て、回路が他ページに渡る場合の渡り先表示。
  • 端子番号を登録しておけば、端子番号(ピン番号)を自動入力する。
  • 回路設計に加え、外形図やコネクターなどを使用したハーネス図を作図できる。
  • 部品と回路電圧から電流値を計算し、適切な電材が使われているかチェック。
  • 部品の組み合わせの妥当性をチェックして、不適合があれば通知。
  • ハーネス図には結束バンド、熱収縮チューブ、ラベルなどを追加作図可能。

常にリファレンス情報を維持

図面の回路は内部データで一元管理されています。図形とシンクロしているため、シンボルや結線の移動・追加・削除においても、リファレンス情報は常に維持されます。手作業で修正処理をかける必要もなく、更新ミスも発生しません。

ECAD DCXの価格や動作環境はどうなっていますか?

ECAD DCXの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。