iCT30 製品ラインアップ

iCT30でのスマート墨出しを行うには、主にオートデスク社のRevitデータを利用する手法とそれ以外のCADデータを利用する手法の二通りがあります。使い方に応じてお選びください。

  • (注1)別売り