iCT30

一人で作業が可能に。生産性を高めるスマート墨出し器

iCT30はワンマンオペレーションを前提としたエントリーレベルの建設用墨出し器です。レーザー墨出し器とは異なるロボティック・トータルテーションの仕組みで、生産性の高いスマート墨出しを実現します。

スマート墨出し技術の開発

およそ200年にわたり計測・測量の製品および技術で変革を生んできたライカジオシステムズは、建築業界におけるデジタル化とBIMへの流れが高まる中で、従来のアナログ的な測定方法からデジタル化された最新のスマート墨出し技術への移行を実現します。

従来のメジャーテープや下げ振り、水糸といったアナログな芯出し・墨出し方法のみでなく、最新のデジタル化された墨出し方法を加えることで、生産性の高い効率的な作業へ切り替えられます。

一人での作業が可能に

従来は二人で追い出ししながら位置決めをしていた作業でも、iCT30なら一人で任意のポイントを直接墨出し、測定できる点が最大のメリットです。

iCT30は外部からの反射による妨害リスクを排除し、建築現場で墨出しを行うための優れたプリズムロック機能を搭載してします。天井などの測定ではプリズム不使用(ノンプリズム)によるレーザー照射による計測を可能にします。

CADデータ活用を背景にワークフローを設計

iCT30は建築業務で使用することを想定し、Revitで作成されたBIMモデルやDXF / DWG形式のCADデータをご利用いただけるよう開発されています。

建築業のさらなる効率化を支援するためにオートデスクと協業を強化することをライカジオシステムズが発表

視準が容易

望遠鏡が付いているので特定の場所への視準が容易に行えます。計測する視準先の確認はもちろん、ボイド位置のチェックや出来形測量、既存構造物測量(座標値をCADデータへ出力)にも活用できます。

使い方に合わせて2種類からお選びください

  • (注1)別売り

iCT30をもっと知る