IT導入補助金 対象製品

SolidCAM iMachining

SolidCAMのiMachiningは最適な加工条件を算出して加工時間を大幅に短縮するオプションです※。iMachiningが他社の効率加工機能と異なる点は、使用工具、機械の性能、ワーク材質、加工形状を計算要素に最適な切削条件を算出する点です。

  • * 国際特許を取得した独自技術。

動画で分かるiMachining

素材SUS304を用いた加工の様子を動画でご確認ください。

素材SUS304
サイズ100×100×60mm

サンプルワーク

誰でも簡単に加工プログラムを作成できるように

iMachiningの設定画面内は表示されているパラメーターが多く「もっと分かりやすく」というご要望も多くありました。

そんな声にお応えし、新たに搭載されたDashboard機能では、多くのケースで設定が必要となる項目を一画面にまとめより簡単にお使いいただけるようになりました。図形、工具データ、仕上げ代、加工レベルなどの基本設定のみを一画面に集約しているため、CAMのオペレーションに不慣れな方、切削加工に精通されていない方でも操作いただけます。

そのほかの定義可能な項目

Dashboard以外にも、素材や品質などの定義を設定いただけます。

  • DashboardでiMachining 2Dの主要な項目を一画面内で設定。
  • SOLIDWORKS材料データベースを使用して、素材を定義で
  • Ra値による壁と床の仕上げ面の品質の定義が可能。
  • 選択されたジョブから更新された素材形状を定義できるため、重要でないジョブを無視して計算をスピードアップ。

仕上げ面の品質の定義

SOLIDWORKS材料データベースを使用して素材定義

更新された素材形状を定義

閉形状領域を簡単に除外可能に

iMachiningツールパスでの加工において、切粉の排出は重要なポイントです。そのため、切粉排出性のよくない、閉形状領域(閉じたポケット領域)は、場合によっては、加工対象から除外したい場合もあります。

従来、3D iMachining加工において、マニュアルオペレーションで「非加工領域」として設定が必要でしたが、この機能により自動的に加工領域から除外してくれます。

iMachining 加工事例

一般部品、試作部品、金型を用いたiMachining加工事例をご紹介します。