IT導入補助金 対象製品

SolidCAM ユーザー事例

株式会社トップス

総合的にCADデータ受け取りから加工完了までの時間は、受注単位で平均2日の納期短縮が可能に

本当の意味のCAD一体のCAMで問題解決

導入前は、設計のデータを受け取ってから、加工するまでに思わぬ問題がありました。既存のCAD/CAMは、CADは設計と同じSolidWorksだったが、CAMは裏でIGESで受け渡しをするCAMであったために、かなりの頻度で面情報がうまくCAMへ渡りませんでした。この修正に半日も掛かることがたびたび起こる状況で、システムの変更を検討されました。

今回、SolidWorks完全アドインして動作するSolidCAMへCAMのみを変更し、この問題を解決されました。

加工時間の短縮にも成功

加工ワークがトラックやトラクターなど外装パーツのため、門型マシニングセンターで加工しています。対象ワークが大物になり、リトラクトなどの回避動作も、大きな時間のロスにつながります。

今回導入されたSolidCAMのお陰で、干渉物に対して最低限の量までしか逃げないことで、回避動作と進入動作を最低限にとどめられるようになりました。さらに今まで困難だった、加工範囲の設定が容易になり、最低限の部分加工が可能になりました。品質的にも今まで苦労して加工後に磨いていた部分も、不要になりました。

導入効果

 導入前導入後
モデル修正におけるロス半日0
加工時間(参考ワークにて)3日半2日半
計算時間(参考ワークにて)30分5分(仕上げ加工のみの比較)
手作業の削減(モデルによって必要)1時間手作業が不要に

長野県A社

約80%短縮という飛躍的な加工時間の短縮に成功、エコ加工を実現

iMaciningで、飛躍的な効率アップ

A社は、数年前にSolidCAMを導入し、受託部品を加工しています。その中で、シリコン含有のアルミ素材へ、スクロール形状の溝加工をする際に、毎回苦労していました。アルミにシリコン含有のため、非常に硬く粘りも有り、削り難い素材のためだと言うことです。

それはCAMの問題ではなく、自社マシニングセンターの剛性の限界だと感じていました。そんな中、SolidCAMのオプション機能のiMaciningの販売開始の情報を得て、iMaciningでのテスト加工の実施をしたところ、驚くべき加工結果が出ました。

iMaciningでのテスト加工条件
使用機械ブラザー製 TC-22B-O
使用工具岡崎精工製 超鋼 8mmエンドミル(刃長8mmのため、8mm単位で加工実施)
使用材料AHS-1(シリコン10%含有)
回転数14,000
切削送りF1600~F3000
加工深さ8.4mm

さらなる効果も得られた

加工時間の短縮以外にも、以外にも工具寿命が延長・工作機の振動が軽減することが分かりました。既存の加工方法だと、1ワークごとに刃物の交換が必要であったが、この加工における刃物交換はワーク3個までに延びたことになりました。工具の購入費用も抑えることにも成功しました。

導入効果

 導入前導入後
加工時間の短縮3時間37分(約80%の短縮)
刃物寿命(参考ワークにて)3倍へ延長

iMaciningのスパイラルツールパスを使用

iMaciningは、最少と最大の接触角度をゆっくり変化させ、自由度のあるツールパスを楽しめます。この自在性は他社のシステムではできません。iMachiningでは加工するエリアを大半シングルモーフィングスパイラルで作成します。他社製は通常の円弧の形が連続的にスパイラルになるだけです。iMachiningは他社のシステムより多くの部分で、連続するスパイラルツールパスを使うことができます。