Twinmotion 動作環境

ご購入前に体験版をお試しください

Twinmotionご購入前に必ず動作環境をご確認のうえ、体験版をお試しください。
ご利用のパソコンによっては動画のエクスポートができない場合がありますので、事前にエクスポートの可否をご確認ください。体験版ダウンロードにはEpicGamesアカウントでのログインを必要とします。アカウントをお持ちでない場合は、事前に作成が必要です。

alphacox 体験版をダウンロード

最小要件

使用例:小規模から平均的なプロジェクト(1GB未満のジオメトリデータ)、リアルタイム3Dプレゼンテーション、HDモードでの動画エクスポート、4Kまでの全ての画像形式に適しています(VR / 4K動画エクスポート、360パノラマ動画エクスポートには適さない)。

Windows
対応OSWindows 10 64bit(注1)
CPUベンチマークスコアが2,000以上のCPU(注2)
メモリー16GB
GPUベンチマークスコアが10,000以上で、最新のドライバーを備えた6GBの専用メモリーまたはカード
記憶装置30GBの空き容量
  • (注1)Twinmotionは64bitのWindows 7および8.1でも動作する可能性がありますが、マイクロソフト社がこれらのOSのサポートを終了したため、公式にはサポートしていません。Windows「N」または「KN」editionsの場合:メディアエクスポートする際に使用するMicrosoftのMedia Feature Packがインストールされていない場合は、インストールする必要があります。Windowsのバージョンを確認するには、Windowsタスクバーのスタートボタンを右クリックし、システムを選択するとご確認いただけます。
  • (注2)CPUおよびビデオカードのベンチマークの詳細は次のリンクよりご確認ください。
    PASS MARK SOFTWARE CPU Benchmarks(英語)
    PASS MARK SOFTWARE Videocard Benchmarks(英語)
Mac
OSMac OS X 10.14.6以降のバージョン(注1)
CPUベンチマークスコア2,000以上のCPU(注2)
メモリー32GB以上
GPUベンチマークスコアが10,000以上の6GBの専用メモリーまたはカード
記憶装置30GBの空き容量

推奨要件

使用例:大型プロジェクト、空港、大型ビル、都市、大型ランドスケープ(1GBを超えるジオメトリデータ)、リアルタイム3Dプレゼンテーション、8Kまでの解像度での動画エクスポート、360パノラマ動画エクスポート、VRプレゼンテーション、全ての画像形式エクスポートに適しています。

Windows
対応OSWindows 10 64bit(注1)
CPUベンチマークスコアが2,500以上のCPU(注2)
メモリー64GB以上
GPUベンチマークスコアが15,000を超える、8GB以上の専用メモリーまたはカード
記憶装置30GBの空き容量(注3)
  • (注1)Twinmotionは64bitのWindows 7および8.1でも動作する可能性がありますが、マイクロソフト社がこれらのOSのサポートを終了したため、公式にはサポートしていません。
  • (注2)CPUおよびビデオカードのベンチマークの詳細は次のリンクよりご確認ください。
    PASS MARK SOFTWARE CPU Benchmarks(英語)
    PASS MARK SOFTWARE Videocard Benchmarks(英語)
  • (注3)非常に大規模なプロジェクトで作業する場合には、SSDやHDDなどのハードドライブについても検討する必要があります。プロジェクトをSSDに保存すると、プロジェクトの読み込みと保存が速くなります。
Mac
OSMac OS X 10.14.6以降のバージョン(注1)
CPUベンチマークスコア2,500以上のCPU(注2)
メモリー64GB以上
GPUベンチマークスコアが16,000を超える、8GB以上の専用メモリーまたはカード
記憶装置30GBの空き容量(注3)
  • (注1)スクリーンスペースグローバルイルミネーション(SSGI)はCatarina 10.15.6でのみ機能します。Twinmotionは以前のバージョンのMac OSで実行できますが、正式にはサポートしません。
  • (注2)CPUおよびビデオカードのベンチマークの詳細は次のリンクよりご確認ください。
    PASS MARK SOFTWARE CPU Benchmarks(英語)
    PASS MARK SOFTWARE Videocard Benchmarks(英語)
  • (注3)非常に大規模なプロジェクトで作業する場合には、SSDやHDDなどのハードドライブについても検討する必要があります。プロジェクトをSSDに保存すると、プロジェクトの読み込みと保存が速くなります。
VR
ヘッドマウントディスプレイHTC Vive・PRO
Oculus Rift
Windows MR
プラグイン
Twinmotion Direct LinkARCHICAD、Revit、SketchUp Pro、Rhino(Grasshopper含む)、RIKCAD