• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

ボタン一つでCADからExcel形式の部品表を作成する

CADとExce連携を自動化

部品表(BOM)は、部品や原料などの製造情報を一覧や階層構造で示します(広義では製造情報の一元管理の考え方やシステムを指す)。部品表が設計部門で作成された後、購買や生産などの他部門へ引き渡され幅広く利用される重要な情報です。

「モデルと図面は3D CADで作成しているが、部品表はExcelで作成している」という現場も多く見受けられます。確かにExcelは誰でも利用できるツールですがデメリットも抱えています。

部品表をExcelで管理するデメリット

部品表をExcelで管理するデメリットは最新情報の維持が難しいということです。設計変更のたびにExcelに転記していては漏れやミスが発生し、工数もかさみ効率的とはいえません。

しかも設計では複数のCADを利用するのが一般的です。複数の設計者が利用することを想定した運用ルールや管理方法を考慮しなくてはなりません。

部品表、手配表を自動化するには……

「部品表や手配表を自動化したい」という声にお応えして、大塚商会ではお客様のCADをカスタマイズし、利便性を高める開発を行っています。

3D CAD上で開いてるアセンブリ構成情報を対象に処理を実行すれば、設定ファイルで定義したCADモデルプロパティを集計し、Excelで部品・手配表を出力する仕組みをご提供しています。「ボタン一つでCADから作成できる」とご好評を頂いています。

アセンブリ構成情報に対し処理を実施すれば、Excelで帳票が出力される

今回ご紹介したは部品表(BOM)以外にも、大塚商会独自に開発をしたテンプレート設計の基礎をご習得いただけるサービスもご用意しています。

  • SOLIDWORKSとExcelを連携させるインターフェイスのご提供。
  • Excelで使用する機能を選択、実行順に並べるだけで、テンプレート設計プログラムの制御を行える。
  • SOLIDWORKS APIの知識やプログラミング知識のない方でもご利用可能。

お客様のお困りごとを聞くことからカスタマイズ開発は始まります。ぜひ、お困りごとをご相談ください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP