せん断面に木材の繊維の傾斜がある接合部の設計について教えてください

木造の接合部の設計において、仕口でのせん断応力度を検定する際、例えば、キングポストトラスの合掌尻の胴付仕口ように、設計で想定するせん断面に木材の繊維の傾斜がある場合では、せん断面に沿って母材やほぞが破断するということは考えにくいと思われますが(試験をしても、ほぞの小口が潰れるが、せん断破壊は起こらない)、その場合には基準などで定められている、小試験体のデータを元に定められた許容せん断応力度を検定に用いるのは適当でないと思います。どのように考えればよいか、ご教示願います。

建築技術:2015年6月号より

梁端部

この質問の詳しい解説をダウンロードしよう

東京大学生産技術研究所教授 腰原幹雄氏による解説・回答をご希望の方は、資料ダウンロード(無料)よりお気軽にお申し込みください。技術基準解説書の式を元に、分かりやすくかみ砕いて解説しています!

資料ダウンロードお申し込み

定期購読のご案内

建築技術に関する国内最初の専門誌として1950年に創刊された「月刊建築技術」。建築技術者による建築技術者のためのバイブルともいえる本誌を定期購読いただけます。

たのめーる 建築技術定期購読

建築技術2017年3月号の見所は・・・

特集

監修:大塚秀三(ものつくり大学技能工芸学部准教授)+中田善久(日本大学理工学部建築学科教授)公益社団法人日本建築士会連合会、一般財団法人建設業振興基金 CPD認定教材

紹介文

近年、RC工事のみならず建築物の施工に関わる技能者不足が懸念されており、施工の合理化による建設工事の生産性向上は喫緊の課題となっている。本特集では、RC工事の合理化施工の手法を整理し、今後のさらなる施工の進化のための汎用的な手法を中心にその手掛かりを示す。

architectural design

五條市上野公園総合運動公園(シダーアリーナ)/監修:杉本洋文、設計:たかの建築事務所+計画・環境建築
代々木テラス/フジワラテッペイアーキテクツラボ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します