• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner逆解析 第2回:ノートPC内にはどのようなファンカバーが有効?

本連載では、FlowDesignerの逆解析を利用して、ノートPC内の熱をいかに下げるか検証していきます。今回はファンの風向をコントロールするには、どのようなファンカバーのデザインにすればよいか、開口率感度を使って検討します。

現状の設計案

ノートPC内には、いくつかの発熱する部品が配置されており、筐体中央やや左のファンで吸気、2カ所の開口部から排気をして強制空冷をする。中央のCPUが最も発熱量の大きい部品で、CPUの内部温度が80℃(度)以下になるようにしたい。

中央に発熱CPUがある

CPUは164.2℃。目標温度は80℃にしたい

今回の目的:最適なファンカバーのデザインを求める

今回はファン本体の向きを変えずにファンの風向をコントロールするには、どのようなファンカバーのデザイン(風向板の位置・開口部の位置)にすればよいか検討する。

感度解析(開口率感度)を実施

感度解析を実行すると、条件をどのように変更すれば設計目標に近づけるか、その方向性が感度として表示される。1回の感度解析でさまざまな感度を得ることができるが、今回は「開口率感度」に着目して改善案を検討する。

まず、図のような開口圧損パネルによりカバー全体モデルを作成する。この状況で開口率感度解析を行うと、パネルモデルは感度によって、赤から青までの感度を示す。開口率感度が赤く示された場所は感度が高いため、開口を開ける部分として、青く示された場所は感度が低いため、カバーで塞ぐ部分として改善案を立てられる。

今回、開口率100%(パーセント)モデルとしているため、赤い部分は現状の開口状態のままとなる。

感度解析をもとにシミュレーションを行った結果は…?

開口率感度の解析結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。FlowDesigner感度解析を実施する受託解析も承ります。詳しくは次よりお問い合わせください。

資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP