ボトルの落下解析

水で満たされたプラスチックボトルが、30cmの高さから平坦な床に落下するシミュレーション事例です。オイラー領域とラグランジュ領域に分けて流体-構造連成解析を行っています。

Abaqusの陽解法の機能では、流体を含んだ極端な変形が生じる問題に対してモデル化が可能となっています。流体領域をオイラー領域、固体部分はラグランジュ領域とし、連成オイラー・ラグランジュ(CEL)法を用いて構造と流体との連成計算をしています。

この動画は音声が含まれていません。