ANSYS 落下・衝撃解析事例

近年、各種業界の設計現場で落下や衝撃解析のニーズが高まっています。しかし、専門性が高く、煩雑な設定作業を必要とすることから設計現場に適さないものと考えられてきました。

具体的な解析事例

ANSYSの落下・衝撃解析では、設計者向けの支援機能が充実した「ANSYS Workbench 操作環境」をご利用になれます。
ソルバーにはハイエンドCAEでも採用されている陽解法ソルバー「LS-DYNA」および「Autodyn」を採用。本格的な落下・衝撃解析を線形解析と同じ操作環境で手軽に実施できます。

詳細資料

この解析事例に関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求(無料)