ANSYS 圧電解析事例

PZT、ZnO、水晶など圧電特性を持った素子は電気的エネルギー・機械的エネルギーの変換器としてセンサー・アクチュエータ・モータなど、さまざまな電子機器において使用されています。

このような圧電素子を利用したデバイスの解析はマルチフィジックス解析ツールであるANSYSが最も得意とする解析の一つです。

具体的な解析事例

超音波ホーンは使用される周波数において正しく共振するように設計する必要があります。この事例では、超音波振動子(ピエゾ圧電素子)に予荷重をかけた上で、調和電圧を負荷して振動させ、どの周波数で最良の共振状態が得られるかを解析しています。

詳細資料

この解析事例に関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求(無料)