MakerBot METHOD X Carbon Fiber Edition

METHOD Xをベースに、強度の高い造形ができるカーボンファイバーを使用可能に

METHOD Xをベースに、カーボンファイバーエディションが登場しました。ナイロンベースの材料「MakerBot Nylon Carbon Fiber」がリリースされ、治工具や最終製品の造形など、よりハイレベルな活用が可能となりました。熱に対する歪みを軽減する機能を搭載し、最終製品の造形までを視野に。

本体価格:930,000円(税別)

価格のご相談・お問い合わせ

材料

ナイロンベースのフィラメント「MakerBot Nylon Carbon fiber」

「MakerBot Nylon Carbon fiber」は、10%のチョップドファイバーが練り込まれたナイロンベースの材料です。優れた強度とエンジニアリンググレードの剛性、高い耐熱性を持ち合わせています。MakerBot Nylon Carbon fiberには、NYLON(6 / 66)Carbon fiberとNYLON 12 Carbon fiberの2種類があります。

  • NYLON(6/66)Carbon fiberは、高い耐熱性、強度を備えています。湿気の影響受けやすい傾向があります。
  • NYLON 12 Carbon fiberは湿気の影響を受けにくく、湿度影響下でも安定的に性能を維持します。

MakerBot ABSフィラメント

ABSフィラメントは、従来のパーソナル3Dプリンター用のABSフィラメントよりも高い耐熱温度があります。また、剛性や引張強度もほかのフィラメントより高くなっています。高強度で丈夫なプロトタイプを造形することができます。

アルカリ水溶性サポート材「Stratasys SR-30」

アルカリ水溶性サポート材 Stratasys SR-30の対応により、複雑な形状の造形を可能にしました。サポート材はStratasys SR-30に漬けておけば、簡単に除去できます。

仕様

プリントヘッド数2個
造形範囲シングルヘッドモード:190×190×196mm
ダブルヘッドモード:152×190×196mm
積層ピッチ0.02~0.4mm
ビルドチャンバー循環式加熱ビルドチャンバー(最高100℃)
モデル材料MakerBot Nylon Carbon Fiber、ABS、ASA、PLA、Tough(旧Tough PLA)、PETG、Nylon、PC-ABS、PC-ABS FR、ABS-R
サポート材料PVA(水溶性サポート)
カメラ機能あり
本体サイズ437×413×649mm
本体重量29.5kg
データ転送USB接続、Ethernet、Wi-Fi