MakerBot METHOD

高性能と簡単な操作性を両立

MakerBot METHOD最大の特徴は、ヒートチャンバー、デュアルエクストルーダー、そして水溶性サポート材の採用です。そしてハイエンド3Dプリンターの性能で100万円を切る価格も魅力。

コンシューマー向け3Dプリンターと工業用3Dプリンターの架け橋となる革新的な装置です。

本体価格:730,000円(税別)

価格のご相談・お問い合わせ

仕様

プリントヘッド数2個
造形範囲シングルヘッドモード:190×190×196mm
ダブルヘッドモード:152×190×196mm
積層ピッチ0.02~0.4mm
ビルドチャンバー循環式加熱ビルドチャンバー(最高60℃)
モデル材料PLA、Tough(旧Tough PLA)、PETG、Nylon
サポート材料PVA(水溶性サポート)
カメラ機能あり
本体サイズ437×413×649mm
本体重量29.5kg
データ転送USB接続、Ethernet、Wi-Fi