IT導入補助金 対象製品

構造モデラー+NBUS7 CADやBIMソフトとの連携

通り心や部材を項目ごとにあらかじめレイヤー分けしたCAD図面から、通り心、部材(柱、はり、壁、雑壁)の配置情報、部材寸法を自動的に読み込みます。

伏図、フレーム図に表示したCAD図面の線分にスナップする機能を利用して、任意通り心や雑壁、壁開口を入力することもできます。

また、CAD図面で柱、はり、壁の部材心から通り心までの寄りの入力がある場合は、寄り寸法として自動的に認識します。

今後の連携計画

BIMソフトとの連携は、今後「BUS-6」と同様の連携を計画しています。

BUS-6 製品情報

弾塑性解析ソフト「SNAP」との連携

構造モデラー+NBUS7の入力データ・計算モデル・計算結果からSNAP(任意形状立体フレームの弾塑性解析ソフト)の入力データを自動生成できます。質点系や部材レベルの弾塑性応答解析など、一貫構造計算ソフトの枠を超えた設計検討ができます。

SNAP 製品情報