PLM

機能・メリット、システム導入の進め方を解説

製造業を中心に注目されているPLM(Product Lifecycle Management)。PLM成功のカギは、管理データのため方とつかい方にあります。利益最大化、競争力強化に必要なPLMシステム導入方法をご提案します。

PLM(Product Lifecycle Management)とは

「製品ライフサイクル管理」とも呼ばれ、製品の企画から廃棄までのライフサイクル全体を統合的に管理する経営手法のことです。PLMでは、市場ニーズ分析や製品のポートフォリオ管理・要件定義といった企画段階から、設計・開発、製造・調達、販売・サービス・保守、廃棄・リサイクルといった各プロセスで必要となる情報を共有・一元管理します。設計図や部品表(BOM)データ、技術文書等の情報を集約することで、市場や顧客ニーズに迅速に対応することができます。効果的なPLMを導入することで、利益最大化、開発力・競争力強化、QCD(品質・コスト・納期)改善の実現が期待できます。

製品ライフサイクルを管理する上で、効率的にデータを流通・活用する仕組みのことをPLMシステム、PLMソリューションと言います。

PLM導入を検討すべき企業とは

PLMシステムは、次の条件を満たす企業にとって、競争力を高め、QCDを改善するための重要なツールとなります。

製品ライフサイクルが複雑で、多くの部門が関わる企業

製品ライフサイクルが複雑な企業 PLMシステムは、ビジネスの複雑化に対応し、多部門間の連携を強化します。製品の企画から廃棄までの使用情報を一元管理し、効率的な意思決定の推進が可能となります。また、最新技術の紹介と組み合わせ、大きな市場競争力を確保します。

例えば、製造業の場合、設計、製造、サプライチェーン、アフターサービスなど多くの部門が関与しています。PLMシステムを導入することで、各部門が同じデータを共有し、スムーズな意思決定を行えます。新製品開発から廃棄までのプロセスを一元管理できるため、市場投入までの時間短縮が可能となります。

製品開発スピードの向上やコスト削減が求められる場合

PLMの導入により、要件定義から製造までの開発プロセスを短縮し、各種リソースの最適化により経費削減が図れます。取り組みを通じて、競争力を高めることができます。

競争激化により製品開発スピードの向上とコスト削減が求められている昨今、PLMシステムを活用して、要件定義から製造までのプロセスを効率化。リソースの最適化と素材の選定により、開発期間の短縮や経費削減が可能となります。

グローバル展開している企業

グローバル市場で成功するためには、異なる地域での製品バリエーションや規制要件を考慮する必要があります。PLMシステムはこれらの要件を管理し、効率的な展開をサポートします。

また、異なる地域のチームが同じデータを使用できるようなり、効率的な製品開発を行えます。世界中の顧客ニーズに迅速に応えることで、市場での競争力を高めていくことができます。グローバル市場での成功には、PLMの導入は重要なステップと言えるでしょう。

品質向上やコンプライアンス強化が求められる企業

製品の品質基準を統一し、不具合を早期に検出でき製品の安全性と信頼性が保たれることで、品質管理とコンプライアンスの確認を容易にします。結果、市場での信頼を構築し、顧客満足度の向上につながる結果をもたらします。

サプライチェーン全体を最適化したい場合

製品の設計~廃棄までのプロセスを効率的に管理することにより、サプライチェーンの透明性を向上させられるツールがPLMであり、リスクを低減するための重要な管理方法です。さまざまなサプライヤーとの情報共有を促進し、在庫管理と物流の効率化を実現します。全体的な最適化により、コスト削減と納期の短縮を実現できると考えられています。

効果的なPLMシステム導入がDX成功のカギ

新たなシステムやソフトウェアを導入する際、利用者や関係者それぞれの立場における課題感を取りまとめ、製品選定、導入メリットや導入後のイメージ、運用開始、活用に至るまでのプロセスを共有していくことは一筋縄ではいきません。

製造業におけるDX成功には、3D CADで生成された3Dデータの流通・活用を支える仕組みが不可欠です。

「つくる」工程で作成された3DデータにBOM情報など付加し、「つかう」人が必要な情報を効率的に取得できる環境の構築を効果的に行う必要があります。

市場ニーズの変化に迅速に対応し、顧客ニーズの分析から製品投入のサイクルをより素早く回転させるためにも、効果的なPLMシステム導入がDX成功のカギと言えます。

PLMシステム導入の進め方

世に数多く存在するPDM・PLM製品は、それぞれ機能・規模感・ライセンス体系などさまざまで特長が異なります。課題・実現したいこと・DXの目的によって、最適な製品を選定し導入を進めることが重要です。

新しいPLMシステムを導入する際のステップや製造業DXを推進する上での取り組み方の解決策として、「PDM・PLM導入の進め方」資料をご提供しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

資料ダウンロードお申し込み

大塚商会はマルチベンダーとして、複数のPDM・PLM製品を対象とした導入の進め方のアドバイスから具体的なご提案と構築まで、全般に渡ってご支援します。ご検討中、またはこれから検討を開始するお客様、まずは一度ご相談ください。

PDM・PLM導入の進め方相談 お申し込み

PDM・PLMシステム ラインアップ