• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

電子サインの法的効力は有効? チェックすべき三つのポイント

これから電子サインを使う方必見!

ビジネスシーンにおいても普及しつつある電子サインですが、「正式文書として認められるような法的効力はあるのか」という点が気になるのではないでしょうか?

結論からいうと電子サインは法的に拘束力を持つため、時間がたってもサインが無効になることはありません。その理由とAdobe Signの優位性をご紹介します。

電子サインの法的有効性を証明する三つのポイント

電子サイン関連の法制度は国ごとに異なりますが、実はほとんどの国が同じ基本原則を共有しています。次の三つのポイントを押さえておきましょう。

1.署名者認証

都合に応じて最良の署名オプションを選び、署名者の真正性を検証する機能です。署名プロセスの監査証跡記録、パスワード、ソーシャルID、電話による認証などの認証方法を使って署名者の真正性を検証、証明書によるデジタルIDと暗証番号を使用など本人性確認が実施できます。

2.意思および同意

意思確認および同意確認の文書化に役立つ機能です。署名者に署名の意思があること、文書の内容に同意したことの証拠を電子的に記録できます。 また、電子サインの使用を希望しない署名者のために手書き署名の選択肢を用意することもできます。

3.完了状態の記録

個々のトランザクションの明確な証拠を残し、誰がどの文書に署名したかを証明する機能です。文書の保管や電子サインの暗号化、操作手順が記録され、セキュリティ付きの監査証跡に保存されます。署名者認証も記録の対象となります。

Adobe Signなら法的有効性の条件を満たします

Adobe Signは前記の三つのポイントを満たしています。加えて「本人性の確認」と「非改ざん性の確保」の法的要件を満たしているため、コンプライアンス強化にもなります。

より高い法的証明力が求められる場合は電子署名を、そこまでの効力を求めない場合は電子サインと使い分けも自由自在です。

世界中でAdobe Signが選ばれる理由

電子サインは世界中の先進国で信頼され、法的な効力と拘束力を持つ署名手段になりました。関連する法制度は国ごとに異なりますが、Adobe Signならコンプライアンスをシンプルに遵守できます。

米国のESIGN法、EUのeIDAS規則にも対応し、世界中でAdobe Signは愛用されています。

万一の事態でも法務のエキスパートがサポート

実際の訴訟で電子サインの有効性が疑われることはほとんどありませんが、万一そのような事態が発生した場合はアドビがお手伝いします。

お客様をサポートし法的な有効性を弁護するために、説明、宣誓供述書の作成、PMK(最も知識豊富な人)としての出廷、証言などを行います。

さぁ、Adobe Signで業務フローをスムーズに

契約や承認の作業に何週間もかかる

PCやモバイルがあればどこにいても署名ができるため、契約・承認作業がわずか数分で完了。出張中の上司の帰りを待つ必要はありません。

新しい機能は社内の浸透に時間がかかる

Adobe Signはシンプルで驚くほどの使いやすさ。署名を依頼する側も署名をする側も簡単に使い始められます。わずかなステップと操作でいつでもどこからでも文書の送信、署名、閲覧が行えます。署名はブラウザー上で行えるので特定のアプリは不要です。

印紙を貼ったり、押印したり、郵送したり、コストがかさむ

契約を電子文書で取り交わす場合は印紙税がかかりません。郵送や印刷にかかるコストも削減でき、膨大な紙の書類を保管するスペースも不要になります。電子サイン・電子署名両方対応可能なAdobe Signだからこそどんな文書にも対応できます。

過去の書類や作業履歴を見返すのに一苦労

署名済みの文書はクラウド上に保管され、検索が簡単。全ての作業履歴がタイムスタンプ付きの監査証跡として記録されるため、いつ誰が何をしたかが即座に確認できます。

改ざんや紛失などのセキュリティが心配

Adobe Signでやりとりされる署名文書は、セキュリティの業界基準に準拠した日本国内のデータセンターで完全に処理・管理されます。書類の紛失や破損、また災害による消失も防げるためBCP対策としても有効です。

ISO監査の資料が大変

アドビのソフトで生成したPDF(Adobe PDF)はデバイスフリーの国際標準規格 ISO 32000-1に準拠。情報セキュリティのISO27000(情報セキュリティ)を証明する資料はもちろんのこと、ISO9001(品質)で求められるトラッキングも作業履歴が残るため簡単に証明できます。ISOの資料を別で作らなくても、署名・入力・承認・合意・確認・委任と6種類の役割に対応し、サイン一つで解決します。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料ダウンロード

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP