• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

まずは解析の「非線形」を押さえよう

線形と非線形、どちらを用いるか解析比較しました

解析でよく出てくる「線形」「非線形」。今回は非線形にフォーカスします。まずは基礎用語を押さえましょう。

線形
グラフで見ると直線で比例関係が成り立つことをいいます。
非線形
線形のような比例関係が成り立たないことをいいます。
非線形のタイプ
材料非線形、幾何学的非線形、境界非線形(接触)があります。
静的
荷重がその最大強度に達するまでゆっくりと、だんだんに適用されることをいいます。

まずは解析の「非線形」を押さえよう イメージ

どんな加工・材料に適しているの?

金属加工(圧延、鍛造)の大きな変形を伴うもの、著しい非線形性を示す材料(エストラマー、土壌、生体組織)や、滑りを伴う接触などがあるモデルでは、非線形解析を行うことでより正確な結果が得られます。

線形解析と非線形解析の結果比較

資料サンプル

資料サンプル

さて、それでは実際に非線形解析を適用した場合、線形解析とどのような違いが得られるのでしょうか。合金鋼製スプーン曲げの解析、樹脂ポケットの変形解析において、線形解析と非線形解析の結果から、それぞれの解析の特徴を比較しました。解析結果は下記よりお気軽に資料請求してください。

線形解析と非線形解析の結果比較資料請求(無料)

その他資料

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスに関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

  • 設計者のためのはじめて解析セミナーご案内(アジェンダ、講習日程など)

資料請求(無料)

非線形解析ができる主なソフトウェア

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP