• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

振動解析はなぜ必要か?

振動が関わる事故の例

タコマナローズ橋崩落事故をご存じでしょうか?1940年アメリカで、たった風速19m/sで橋に共振が生じ、崩落してしまった有名な事故です。もっと身近な現象では次のような例が挙げられます。

  1. 自動車のエンジンやパソコンのファンからの騒音: エンジンやファンの振動により騒音が発生することがある。
  2. 自動車などの乗り心地: 振動が大きくなることで乗り心地が悪くなることも。
  3. 金属疲労: 金属疲労とは、例えば針金を何回も繰り返し曲げるともろくなり折れてしまうような現象。振動によって繰り返し力がかかることにより、金属製品が破壊してしまう場合がある。

このような望ましくない現象を発生させないために、「振動特性」を把握することが大切になります。
それでは、振動特性とはどのようなものでしょうか?また、振動特性を求めるために振動解析をする場合には、どの解析機能を使う必要があるでしょうか?振動特性を把握するために基本となる事柄をご紹介します。

伝熱解析の基礎「熱の伝達」を知ろう イメージ

振動特性とは

振動特性とはどのようなものか、またそれらを把握することによりどのような対策に役立てられるでしょうか。

振動特性と振動解析 資料請求

振動解析の種類

振動特性は実験や振動解析(シミュレーション)により求めることができます。それでは振動解析をする場合、どのような種類を使い分ける必要があるでしょうか。

振動特性と振動解析 資料請求

詳細資料

このトピックスに関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料掲載項目
  • 振動特性とは
  • 振動解析の種類と使い分け

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

振動解析ができる主なソフトウェア

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP