これから始める射出成形シミュレーション!

プラスチックの成形不良が発生!でも、何度もトライ&エラーを繰り返すのは避けたいですよね。そんな方は射出成形シミュレーションを検討してみてはいかがでしょうか?近年では、設計者の方が射出成形を十分に実施できる機能を備えたソフトが販売されています。

これから始めるなら設計者向けCAEがお勧めです

設計者向けCAEは難しい操作や設定を極力排除した誰もが使えるソフトウェアです。

例えば、充填解析(樹脂流動解析)は本来見ることができない金型内部の樹脂の流れを可視化できます。そのほか評価できる項目として、成形不良で問題となりやすい反りやウェルドラインのシミュレーションなどの十分な解析機能を備えています。

CAE(樹脂流動解析) 製品情報

射出成形シミュレーションの解析結果を動画で確認しよう

いま、設計者が活用できる解析ソフトが売れています

解析業務は「設計者とは別の専任者が行うもの」と考えられていた時代がありました。近年では、設計者自らが解析を行い試作前の検討を行う方が増加しています。

例えば、充填解析について考えてみましょう。ショートショットやウェルドラインの検証を事前に行うことで、手戻りの回数が減り、コストや時間の削減につながります。作業工程の後になるほど不具合による設計変更に要するコストは確実に高くなります。シミュレーションによる不具合の事前検討は前工程で実施するほど効果を発揮します。

射出成形シミュレーションに関する資料をご用意しています

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル