• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

射出成形シミュレーションによるヒケの評価

SOLIDWORKS Plasticsでヒケを解析してみた結果・・・

射出成形品の外観不良でよく問題になる「ヒケ」。射出成形シミュレーション「SOLIDWORKS Plastics」を使うと、さまざまな方法でヒケを予測できます。主に次の3通りの予測が可能です。

  1. 充填解析から予測
  2. 保圧解析から予測
  3. そり解析から予測

それでは、石けん置きを参考に、ヒケ解析でどのような結果が出るのかをご紹介しましょう。

サンプル形状(石けん置き)。素材:PP

1.充填解析

充填解析では、製品形状からヒケを予測します。シンクマークという結果が出力でき、ヒケの発生しそうな部位がカラーマップで表示されます(単位:mm)。

シンクマーク

2.保圧解析

保圧解析では、体積収縮率からヒケを予測します。体積収縮率は局部的な体積の減少を比率で示した結果で保圧冷却の影響を考慮します。成形品の内部をご確認いただけます(単位:%)。

体積収縮率

3.そり解析

そり解析では、離型後の収縮変形からヒケを予測します。離型後の最終状態を考慮するので精度は、充填解析・保圧解析に比べ高くなります。ヒケプロファイルという結果でヒケの発生しそうな部位が表示されます(単位:mm)。

ヒケプロファイル

SOLIDWORKS Plasticsのヒケ評価対応表

SOLIDWORKS Plasticsには三つのパッケージがあり、それぞれ可能なヒケ評価が分かれます。

パッケージ 可能なヒケ評価
SOLIDWORKS Plastics Standard 充填解析から予測
SOLIDWORKS Plastics Professional 充填解析から予測、保圧解析から予測
SOLIDWORKS Plastics Premium 充填解析から予測、保圧解析から予測、
そり解析から予測

このように、SOLIDWORKS Plasticsは樹脂パーツの成形性も十分に評価・検討いただけます。試作を極力なくし、製造過程後半での設計の手戻りを解消し、コストを大幅に削減します。

SOLIDWORKS Plastics 製品情報

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP