【業種別】射出成形シミュレーションの活用例

どのような業種や製品で射出成形シミュレーションは活用されているのか?

プラスチック製品の多くは「射出成形」という金型に樹脂を流し込み、冷し固める方法で作られています。射出成形は高品質な製品をスピーディーに大量生産できるため、さまざまな業種や製品で利用されており、シミュレーションも活用されています。

利用が多い業種とその活用例

一般的に広く利用されているのが自動車、電機、コンシューマー、樹脂素材関連となります。活用例をSOLIDWORKS Plasticsでの出力結果を中心にご紹介します。

自動車関連

自動車部品は軽量化やコスト削減のため、昨今樹脂部品の比率が急増しています。バンパーをはじめ車内に設置されているレバーやパネル部分などの成形不良の改善に解析が活用されています。

電機関連

電子機器の製品内部で使われるコネクター、部品、筐体など多岐にわたる部品に樹脂材料が使用されています。これらの部品にも解析が活用されています。

コンシューマー関連

日用品や建物の建材、文具などにもプラスチックが多用されています。単価が安く数量が多い製品の場合、低コスト、量産に伴うハイサイクル化の評価に解析が活用されています。

樹脂素材関連

樹脂の生産を行っている開発メーカーも解析を活用しています。樹脂の販売先への受託解析のサービスや計算に必要な材料の物性値の提供が主な目的となります。

CAEソフトでシミュレーションを内製化

今までは解析専任者が担ってきたシミュレーションですが、製品設計者や金型・成形技術者向けのソフトもリリースされており、CAEはより身近なものになってきました。現在CAEを自社で内製化するニーズが高まっています。品質の向上や試作や不具合の削減を図るため、コンピューター上で仮想的に成形状態を検証できるCAEは非常に有効です。

大塚商会では、CAEソフトウェアを幅広く用意しています。CAEソフトウェアについて、ご不明点やご質問がありましたら、お気軽に大塚商会までご相談ください。

CAE(樹脂流動解析) 製品情報