鉄筋コンクリート造の接合部の検討について教えてください

技術基準解説書による接合部の検討で、VjU / QDjUがNGとなった場合、下図のように定着長さを確保する意味で、梁せいの2分の1だけ柱を伸ばすことで、L形からT形にκの係数が増やすことができると判断して、VjU / QDjUをOKとみなすことは適切といえるのでしょうか。

定着による応力伝達機構としてはD / 2延伸させることは有効だと考えられていますが、接合部の耐力の判断では、十字形やT形接合部の耐力比較が実験から導き出されていることからすると、単に片持ち状態に柱・梁を延伸したからといって、L形からT形へ、T形から十字形へとκの値を見直すことは適切ではないと思うのですが、いかがでしょうか。

建築技術:2014年7月号より

  • 柱梁接合部(2D)

  • 柱梁接合部(3D)

この質問の詳しい解説をダウンロードしよう

一般社団法人建築構造技術支援機構 益尾潔氏による解説・回答をご希望の方は、資料ダウンロード(無料)よりお気軽にお申し込みください。技術基準解説書の式をもとに、分かりやすくかみ砕いて解説しています!

資料ダウンロードお申し込み

定期購読のご案内

建築技術に関する国内最初の専門誌として1950年に創刊された「月刊建築技術」。建築技術者による建築技術者のためのバイブルともいえる本誌を定期購読いただけます。

たのめーる 建築技術定期購読

建築技術2017年2月号の見所は・・・

特集

CLT関連告示と構造設計への活用法
監修:安村基(静岡大学学術院農学領域教授)

紹介文

2016年3月と4月にCLT関連告示が公布され、多くの設計者・構造設計者がCLTに対して注目している。本特集では、実務設計に役立つCLT関連告示を解説すると共に、構造設計方法、CLTを混構造で使用する場合や意匠性を考慮した設計法の解説、加えてCLTの今後の展望や国の施策を示す。

architectural design

東京都立練馬工業高等学校/日本設計

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します