• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner逆解析 第4回:ヒートシンクをコンパクトにすると、CPUの温度はどう変わるのか?

現在、ノートPCの熱設計を検討しています。第4回は無音で取り付けが手軽な放熱装置・ヒートシンクに注目します。ヒートシンクのコンパクト化(軽量化)とCPUの温度を下げるには、どのような形状にすればよいのでしょうか? 検証の繰り返しが必要で面倒…と思われるかもしれませんが、FlowDesignerに搭載されている感度解析を使うと一発でコンパクト化の目処がつきます。

CPUにヒートシンクを取り付けただけで目標温度を下回ったが…

最も発熱量の大きいCPUにヒートシンクを取り付けたところ、目標温度80℃を下回る59℃になることが分かり満足している。しかし、コスト削減のため、ヒートシンクをコンパクト化し、さらに50℃まで下げられるかを検証する。

コンパクト化の目処がつく! FlowDesignerの感度解析

そこで、FlowDesignerに搭載されている感度解析を実行した。感度解析は条件をどのように変更すれば設計目標に近づけるか、その方向性が感度として表示される。ヒートシンクの熱伝導率感度に注目すると、図のように放熱効果の大小や温度上昇に影響を及ぼす部分が目に見えて分かる。

コンパクトなヒートシンクにするために、二つの案が挙がった

元のヒートシンクの体積の90%(パーセント)となるように部分的にカットする。熱伝導率感度結果から、次の二つの案が挙がった。

どちらの案が最適か…結果は無料の資料で詳しく解説します

A案とB案、どちらがCPUの内部温度上昇を抑えた形状なのか? 解析結果やFlowDesignerの感度解析について詳しく解説した資料をご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください(FlowDesigner感度解析を実施する受託解析も承ります)。

資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP