• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner逆解析 第5回:筐体の開口位置を変えて温度はどう変わる?

現在、ノートPCの熱設計を検討しています。今回は筐体の開口(給気口)をどの位置にすると放熱効果が高まるのかを検討するために、FlowDesignerの開口率感度を用います。

現状の設計案では、目標温度よりも高くなってしまった

現在、図のように2カ所に開口を設けている。この設計案では、CPUの内部平均温度が150℃となり、目標温度80℃を大きく上回ってしまった。CPU温度をできる限り下げるためには、開口の位置・大きさをどうすればよいか、FlowDesignerの逆解析を使って検討する。

開口位置検討用モデルを用意

どの位置の開口がCPU冷却への影響力が強いかを検討するために、図のようなモデルを用意した。開口を配置し得る場所に「仮の開口(開口率5%<パーセント>)」を設置した。この仮モデルを解析すると、CPUの内部平均温度は189℃とさらに目標温度を大きく上回ってしまった。

そこで、FlowDesignerの開口率感度を実行!

そこで、FlowDesignerの感度解析を実行する。感度解析は条件をどのように変更すれば設計目標に近づけるか、その方向性が感度として表示される。1回の感度解析でさまざまな感度を得られるが、今回は「開口率感度」に着目して変更案を検討する。

開口率感度の評価はこう読み解く

FlowDesignerの開口率感度を行うと、図のように着色した。赤色に近づくにつれ、開口を設けるべき箇所と読み解ける。

開口率感度から分かった開口を設けるべき場所は…?

このトピックスの解析結果を資料にまとめています。もちろん無料!ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

筐体の開口位置を変えて温度はどう変わる?(解析結果付き)

主な内容
  • 解析結果と考察
  • 逆解析を利用した製品開発設計
  • FlowDesigner逆解析ではこんなことができます! など全18ページ

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP