CAE計算の並列処理速度比較 構造解析編

ハイエンドワークステーションでどのくらいCAE計算時間を短縮できるか?

膨大な時間を費やすCAEの計算時間にお困りではありませんか? 計算時間の短縮には、高パフォーマンスを発揮するハイエンドワークステーションが必要です。そこで、ワークステーション「HP Z8」を用いて、構造解析を行った実際の処理速度レポートをお届けします。

この記事を詳しく解説した資料があります

検証に使用したワークステーション

今回の検証では、ハイエンドワークステーション「HP Z8」をベースに、4コアのCPUを二つ、メモリーは96GB(ギガバイト)を搭載したマシンを使用しました。

 HP Z8 G4
CPU1Intel Xeon Gold 5122 4コア 3.60GHz
CPU2Intel Xeon Gold 5122 4コア 3.60GHz
メモリー96GB
OSWindows 10 Pro 64bit

CAE計算処理速度比較 構造解析編

構造解析ソフト「SOLIDWORKS Simulation Premium」を使用。解析の種類としては、接触を伴う線形静解析と計算リソースの負荷が大きい非線形解析を対象とし、CPUのスレッド数の違いによる計算時間の比較を行いました。

解析種別線形静解析
接触
非線形解析
弾塑性・大変形・接触
要素数895,56046,439
節点数1,377,97478,367
自由度4,137,474223,878

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料!ぜひお役立てください。

CAE計算の並列処理速度比較 構造解析編

主な内容

  • はじめに
  • 検証結果
  • 検証結果まとめ

このほかの比較レポート

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します