SOLIDWORKS Composer 機能紹介

CADモデルを基にした画像の作成

SOLIDWORKS Composerに取り込んだ3次元CADモデルに対して、色・配置位置・表示角度・部品の表示状態やスタイルの変更、注記・寸法の追加といった編集を行い、任意の表示状態を作成していきます。

製品構成を把握するためにモデルの分解状態や詳細部分の拡大、組み立て手順を説明するための画像、文書作成上で必要となる「絵」に合わせて自由に表示状態を変えられます。

  • 移動・回転

  • スタイル変更

  • モデルの分解・バルーン

  • マークアップ

ビューによる画像・アニメーション作成

編集されたモデルの表示状態を「ビュー」として作成することで、コンテンツ作成に使用する多数の画像を一元管理し、いつでも表示・切り替えられます。ビューからアニメーションを含めて各種コンテンツご利用いただけます。

3Dインタラクティブコンテンツなら、直感的に形状や手順を理解できる

SOLIDWORKS Composerデータを3Dインタラクティブコンテンツとして利用することで、組み立て手順や製品構造をより分かりやすく伝えられます。

  • 3次元モデルを閲覧。
  • コンテンツ内のアニメーションの再生。
  • ビューの切り替え。
  • 3次元モデルを分解し、組み立て手順を理解

  • アニメーションの再生

無償ビューアー SOLIDWORKS Composer Player

無償提供されている「SOLIDWORKS Composer Player」では、CADやSOLIDWORKS Composerがない環境でもComposerデータを開き、簡単に3次元モデルやインタラクティブコンテンツを閲覧できます。

SOLIDWORKS Composer Playerにより、Composerで作成したコンテンツをOfficeドキュメントやPDF、HTMLなどに埋め込めるので、手軽に分かりやすいコンテンツを作成いただけます。

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。