IT導入補助金 対象製品

CATMSE搭載 デジタル・モックアップ機能

モジュール一覧

DMU スペース・アナリシス(SPA)

干渉やクリアランスのチェック、断面作成、新旧データの比較機能など空間解析を行うモジュール。デジタルモックアップを使用することで大きなアセンブリでもストレスなく検証が行えます。

提供:DaimlerChrysler

DMU キネマティクス・シミュレーター(KIN)

機構シミュレーションを行うモジュール。動的な干渉チェックやクリアランス確認はもちろんのこと、部品の動いた軌跡をソリッド形状として残すことも可能です。3次元空間と時間軸の中での問題発見が可能です。

フィッティング・シミュレーター(FIT)

製品の組み立て性や保守メンテナンス性を検証するモジュールです。組み立てと分解操作の定義、軌跡のボリューム作成、動的な干渉チェック、軌道シミュレーション、動画作成が可能です。

DMUエンジニアリング・アナリシス・レビュー(ANR)

解析モジュールがなくても解析結果が確認できるモジュールです。

DMUディメンショニング&トレランシング・レビュー(DT1)

寸法・公差情報などの3D注記属性表示専用のモジュールです。

DMUファスニング・レビュー(FAR)

ABFで作成した打点情報を活用できるモジュールです。