Creo 動作環境(旧Pro/ENGINEER 動作環境)

Creoを安定運用するためには、ハードウェアベンダーによって確認された認証ハードウェアでの運用が必要です。Creo 3.0~5.0の動作環境は以下の通りです。

OS

OSエディションCreo 7.0Creo 6.0Creo 5.0
64bitWindows 10Professional
Enterprise
Windows 8.1Professional××
Enterprise
Windows 8Professional×××
Enterprise
Windows 7Professional×○(SP1)
Enterprise
Ultimate
Windows XPProfessional×××
Windows Server
2019
○(注1)
(6.0.3.0以降)
(注1)
×
Windows Server
2016
○(注1)○(注1)○(注1)
Windows Server
2012 R2
standard××○(注1)
  • (注1)バッチモードのみ対応。Creo Schematicsは対応していない。

ハードウェア要求

 推奨値
主メモリー(RAM)4GB以上
ブラウザー以下のいずれか
Internet Explorer 11.0
Embedded Chromium Browser(Creo 3.0 M010以降)
  • * Creo 5.0の推奨環境になります。Creo 4.0以前の推奨環境については別途お問い合わせください。

認証グラフィックスカード

グラフィックスカードはHP、LenvoといったPTCハードウェアパートナーの機種とビデオカードごとに認証が得られています。認定ハードウェア以外ではメンテナンスサービスで障害対応を得られません。認定ハードウェアはPCベンダーによって随時確認更新がされています。認証グラフィックカードの詳細については、次のPTC社のサイトよりご確認ください。

PTC ハードウェア プラットフォーム サポート

Creoおよび全てのPTCの製品名およびロゴは、米国およびその他の国におけるPTCまたはその子会社、あるいはその両方の商標または登録商標です。その他の製品名および企業名は全て、各所有者の商標または登録商標です。