PyroSim 製品特長

PyroSimは建築家や防火安全技術者が火災をシミュレートするためのコンピュータモデルを手早く作成するのに使われます。PyroSimは米国標準局(NIST)の火災シミュレーションソフトFire Dynamic Simulator(FDS)[McGrattan and Forney,2005]を計算エンジンとして使用します。

PyroSimを使用することでFDSではテキスト入力だった解析モデルの作成がCADのような操作で可能になるため、火災における煙や温度、一酸化炭素等の分布を手早くシミュレーションすることが可能です。

対話的な形状作成機能

1.併進移動

X,Y,Z方向の移動距離を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの併進移動、あるいはそのコピーができます。

併進移動

2.鏡映移動

対称面を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの鏡映移動、あるいはそのコピーができます。

鏡映移動

3.拡大・縮小

X,Y,Z方向の拡大(縮小)率と基準点を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの拡大・縮小、あるいはそのコピーができます。

拡大・縮小

4.回転

回転軸と回転角を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの回転、あるいはそのコピーができます。

回転

火源・開口・壁面質材などの対話的な入力

火源・開口・壁面質材などの対話的な入力は以下のような画面になります。

表面の編集

作成したシミュレーションモデルの2次元・3次元表示による確認

FDSユーザーズガイド・テクニカルリファレンスガイド日本語版

日本語版にはFDSユーザーズガイド・テクニカルリファレンスガイドの日本語版を添付されます。

  • FDSユーザーズガイド

    FDSユーザーズガイド

  • テクニカルリファレンスガイド

    テクニカルリファレンスガイド

CADファイル(DXF)からの形状作成機能

  • FDSのメッシュ形状に変換

    AutoCAD DXFファイルをインポートし、
    FDSのメッシュ形状に変換することが可能。

  • 平面図のトレースによるモデル作成機能

日本語インターフェイスおよび日本マニュアル

日本語インターフェイスおよび日本マニュアルが添付されます。

日本語インターフェイスおよび日本マニュアル

その他

  • FDSおよびSmokeviewの起動・制御
  • 正しい書式が保障されます
  • FDSの入力データのインポート