SEIN La CREA BIM連携

SEIN ST-CNV for RevitはSEIN La CREAとAutodesk Revit Structureの建物データを相互変換します。構造計算プログラムとBIMモデラーの連動はBIM推進を強力にサポートします。

  • 設計者様のメリット:作成した3次元モデルをご自身で解析できるため、外注コストや納期短縮につながる。
  • 構造解析者様のメリット:計算モデルと図面との不整合や2重入力の手間が省力化される。

複雑な建物データも忠実に再現しながら相互連携

データを管理しやすい二つの機能

SEIN La CREAで入力した部材属性データをAutodesk Revit Structureでも表示できます。回転、仕上げなどの属性データも保持できます。また、Autodesk Revit StructureモデルとSEIN La CREAモデルが異なる場合にどちらを優先するかユーザーが確認し、指定できるバルーン確認機能を搭載しています。変換対象部材を確認しながら実行できるので、任意に確認しながら変換するときに便利です。

  • 属性データを保持して変換(例:梁と壁の寄り)

  • 同期が取れていない場合に、どちらを優先するか指定できるバルーン確認機能

任意ファミリタイプデータも変換可能

変換実行時にマッピングテーブルを使用すると、Autodesk Revitで作成した標準ファミリタイプデータおよび任意のファミリタイプデータをSEINデータに変換できます。

変換対象部材
構造部材全体変換差分変換
RC部材
大梁
小梁
基礎梁
基礎小梁
ブレース
SRC部材(配筋情報含む)
大梁
小梁
CFT部材
S部材
大梁
小梁
ブレース
RC部材(配筋情報含む)
壁開口
スラブ

相互連携ができる理由

SEIN La CREAで構造モデルに出力する際に、テキストファイル(.stx)を書き出します。.stxファイルはST-Bridgeと互換性があるため、GLOOBE、ヘリオス、TP-PLANNERなど各種BIMツールとの相互連携を実現します。

ST-Bridgeとは

ST-Bridgeとは日本国内の建築構造分野での情報交換のための標準フォーマットです※。

  • 利用範囲を明確にすればIFCよりシンプルで扱いやすい。
  • 日本独自の表現方法を取り込める(通り芯、部材配置と断面符号、配筋情報)。
  • 国内の構造系アプリ、躯体積算アプリ、3次元オブジェクトCADとの連携を目指す。