• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

工程変更の承認をスムーズにするためには……?

製造工程で発生する変更および承認をスピーディーに運用するコツ

製造業における設計・資材調達・生産・物流の過程で変更があれば、その都度上司やクライアントなどに工程変更の承認を得る必要があります。承認や共有に時間がかかり作業がストップしてしまったり、工程変更の管理も煩雑になってしまったりというご経験もあるのではないでしょうか?

このような課題をお持ちの方に、PDFに搭載されている承認機能をご紹介します。

PDFは閲覧するだけではありません

PDFの存在は知っているが、閲覧するファイルだと思っている方も多いと思います。確かにファイルを閲覧するだけなら無償版のAdobe Acrobat Reader DCで十分ですが、年額22,560円(税別)のAdobe Acrobat Pro DCを選びいただくと、製造現場で役立つ機能をご利用いただけます。

Acrobat Pro DCを選ぶと製造過程で使える機能を使用可能に

電子サイン機能でスピーディーに承認

Adobe Acrobat DCに搭載されている機能の中でも、工程変更の承認に適する電子サイン「Adobe Sign」をお薦めします。承認済みの書類はクラウド上に安全に保管されるため共有の手間が軽減されるだけでなく、検索可能、タイムスタンプや監査証跡により文書の真正性も確保できるといったメリットがあります。

ペーパーレスの始め方と業務効率が向上する電子サインとは?

電子サイン「Adobe Sign」で承認をスピーディーに

Adobe Signがさまざまな企業・組織に選ばれる理由

既にさまざまな企業や組織が業務にAdobe Signを導入しています。

Adobe Signを選ぶ理由の一つに「信頼性」が挙げられます。アドビが開発したPDFは現在、国際標準化機構(ISO)で管理されているオープンスタンダードの一つです。同時にセキュリティへの追求も進化しています。

そのほかの製造業で使える機能7選

電子サイン以外の現場で役立つ機能を動画にまとめましたのでご覧ください。

動画 概要

動画再生

製造業におけるAdobe Acrobat DC活用シーン
製造過程においてさまなざまな文書業務が発生します。Adobe Acrobat DCを活用するメリットを動画でご覧ください。 (1分05秒)

1.図面に注釈をすぐに加えられる

設計部門から上がってきた図面をAcrobat DCで開くと、その場ですぐに注釈コメントを書き加えられます。複数人で同時レビューできるため、誰がコメントを残したのか履歴も確認できます。

2.CADソフトがなくてもPDFで確認

CADソフトがインストールされていない状況でも、崩れのない図面を表示できます。CADを操作されないクライアントに提出する際に役立ちます。

3.修正前後の資料比較に

文書を左右に並べて表示させ、どこを変更したのかの見比べができます。ハイライトバーを使えば文字と画像の相違を素早く特定できます。

4.撮影した図面などの文書の歪みを自動で解消

iOSとAndroidの両OSで展開されている「Adobe Scan」モバイル版アプリを起動させて図面などの文書を撮影するとPDFに取り込めます。カメラを向ければ自動で文書を探して撮影開始し、ハンドルが表示され調整するだけで、歪みのないPDF文書に仕上がります。

5.取り込まれた書類を自動的にテキスト化

取り込まれた文書は自動的にOCR(Optical Character Recognition:イメージで取り込んだ文字をデジタルの文字コードに変換する技術)処理が行われます。テキスト編集および検索の対象になるということです。テキストのエラー修正機能もあり、正確なテキスト情報で保存できます。

OCR処理されたテキストから自動的にそっくりなカスタムフォントを生成する機能もありますので、手動変更の手間が省けます(Acrobat Pro DCに搭載)。

6.PDFのデータを自由自在に編集可能

当然、手元にあるPDFから文字の打ち直しや色の調整なども行えるため、元データを探す手間や元データを制作したアプリを辿る手間を省けます。

7.Officeとの親和性

PDFメニューから「PDFを書き出し」を選び、出力したい形式を選ぶとMicrosoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPointなどのアプリで使用できる形式に出力します。

Acrobat DCを活用しているお客様の声

実際にAcrobat DCを導入しているお客様の声を一部ご紹介します。

  • 申請書などのPDFファイルの直接編集業務が楽になった。
  • PDF化された図面に注釈を入れることで、電子ドキュメントで意見交換できるようになり、作業スピードが向上した。
  • 全文検索システムでPDFファイルが確実に素早く探し出せるようになり、新規プロジェクトの立ち上げスピードが向上した。
  • Acrobat DCの多言語に対応したスキャンデータの文字認識機能(OCR)により、全文検索システム活用が一層容易になった。
  • PDFの閲覧環境がまちまちである顧客や社外取引先にも、PDFであれば安心して提供できる。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料ダウンロード

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP