IT導入補助金 対象製品

AutoCAD 3Dモデリング

AutoCADなら、最初に3Dで設計することで、コンセプト設計を強力に促進することができます。3Dを活用すれば再設計に時間もコストもかからず、視覚化をして実世界のフィードバックをリアルタイムに取り入れることができるためです。これを行うには、まず3Dモデリングの基本を身に付ける必要があります。

AutoCADを2D設計にしか使用したことがない方は、おそらくX軸とY軸の平面図のみを作成していたのではないでしょうか。しかし、モデル空間には三つ目の次元である垂直方向、つまりZ軸があります。Z軸に沿って移動できる形状を作成すると、平坦なX-Y平面図から3Dモデルが立ち上がり、3次元の空間を形成するようになります。

AutoCADの3Dモデリングには、3Dソリッド、サーフェス、メッシュ、ワイヤフレームオブジェクトのほかに、これらのオブジェクトの結合や修正を行うための機能が多数含まれています。

3Dオブジェクトのモデリング

AutoCADでは、各種の3Dモデリングを使用できます。それぞれの3Dモデリングテクノロジーには、異なる特徴があります。

  • ワイヤフレームモデリングは実際の3Dオブジェクトのエッジ、すなわち骨格を線分と曲線で表したものです。ワイヤフレームモデリングは、初期設計以降のモデリングや修正作業の3Dフレームワークとして利用できます

  • ソリッドモデリングは効率的に使用でき、基本要素の結合や外形線の押し出しが簡単に行えるほか、図形の面積・体積計算や断面機能も提供されます

  • サーフェスモデリングでは、正確な操作や解析が行えるよう、曲面サーフェスを精細にコントロールすることができます

  • メッシュモデリングでは、自由形状スカルプ、折り目、スムージング機能を使用することができます

より詳しく知るために「AutoCADスタートアップガイド」

AutoCADを初めて使用する方も、AutoCAD LTからアップグレードする方も、AutoCADをスマートかつ効率的にお使いいただくために分かりやすく解説したPDFをご用意しています。ガイドの各セクションでは、最初にトピックの背景について説明し、そこで解説する機能が便利な理由や、活用方法を説明します。そして関連するコンセプトを紹介した後に、AutoCAD のパワフルな機能の実践的な活用方法を説明します。また、ガイド全体を通じて、関連資料のリンクも記載していますので、各トピックに関する詳細を確認したい場合に参照してください。AutoCADスタートアップガイドが皆様のお役に立つことを願っています。

AutoCADスタートアップガイド

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。