eValue V ドキュメント管理 動作環境

eValue Vをご導入いただく際の主なシステム要件を記載しています。OSやデータベース、Webブラウザーなどは日本語版が必要です。原則として最新のService Packを適用してください。

クライアント

OS(注1)Windows 10 Pro / Enterprise(x64)
Mac OS High Sierra、Mojave、Catalina(Webクライアントのみ)
CPUインテル Core i プロセッサー(Core-i5以上)または同等性能を持つプロセッサー
メモリー4GB以上
ディスプレイ1,366×768pxを表示可能なディスプレイ(注2)
ディスクドライブHDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用)がそれぞれ1台以上
インターネット回線ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア.NET Framework 4.6
Officeと連携して使用する場合は、デスクトップアプリ版が必要(Office 2016 / 2019の使用を推奨)
WebブラウザーWindows OS:Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome
Mac OS:Safari
  • (注1)Windows10のHome Editionは対応していません。ネットワーク版ご利用時のクライアントOSとしてWindows 7 (x86,x64)、Windows 8.1 (x86,x64)、Windows 10 (x86) は動作検証済みです。ただし、顔認証機能は (x64) 限定の機能となります。また、Windows Server 2012 R2 (x64) は動作検証済みです。
  • (注2)ディスプレイのカスタマイズで項目のサイズを125%より大きくすると、画面表示が崩れる場合があります。端末により初期値が125%より大きく設定されている場合があります。

サーバー

OS(注1)Windows Server 2016 Standard / Datacenter(x64)Windows Server 2019 Standard / Datacenter(x64)
CPUマルチコア インテル Xeon プロセッサー相当以上
メモリー14GB以上
ハードディスク容量プログラム領域として1業務1GB以上(データ領域として別途必要)
バックアップ装置LTO、DATなどの大容量バックアップ装置とその管理ソフト(データバックアップ用)
データベース(注2)SQL Server 2016 Standard / Enterprise
SQL Server 2017 Standard / Enterprise
ディスプレイ1,366×768pxを表示可能なディスプレイ(注3)
ディスクドライブHDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用)がそれぞれ1台以上
インターネット回線ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア.NET Framework 4.6
WebサーバーInternet Information Service
  • (注1)Windows10のHome Editionは対応していません。ネットワーク版ご利用時のクライアントOSとしてWindows 7 (x86,x64)、Windows 8.1 (x86,x64)、Windows 10 (x86) は動作検証済みです。ただし、顔認証機能は (x64) 限定の機能となります。また、Windows Server 2012 R2 (x64) は動作検証済みです。
  • (注2)既にデータベースがインストールされている場合、設定により当システムでの利用ができない場合があります。当システムを構成する各種テーブルは、複数のサーバーにまたがって配置することはできません。
  • (注3)ディスプレイのカスタマイズで項目のサイズを125%より大きくすると、画面表示が崩れる場合があります。端末により初期値が125%より大きく設定されている場合があります。

モバイルクライアント

ネットワーク版が対象です。別途、リモートアクセス環境の構築が必要です。

対応機種、WebブラウザーiPad+Safari
Android+Chrome