BIM/CIMとGISのクラウドコラボレーション

近年BIM/CIMとGISの連携が進んできていること、ご存じでしょうか?

2017年にAutodesk社とEsri社がパートナーシップを結んで以降、BIM/CIMとGISの間でスムーズな連携ができるようなソフトウェアやサービスが開発されてきていますが、新たにクラウドコラボレーションの機能がリリースされました。

Autodesk社のクラウドサービスには、Autodesk Construction Cloudがあります。データを一元管理し、モデルや図面の閲覧、指摘事項や図面承認などの業務フローを提供する「Autodesk Docs」や、関係者間でのデザインコラボレーション、Revitモデルの同時編集などの機能を持つ「BIM Collaborate Pro」などのパッケージがあります。

ESRI社が提供するArcGIS Onlineでは、クラウド上でGISデータの管理や共有、コラボレーションが行えます。このArcGIS Onlineの拡張機能として2022年春リリースされたのが「ArcGIS GeoBIM」です。

弓場 洋子

大塚商会CADソリューション推進課

ArcGIS GeoBIM

ArcGIS GeoBIMは、「建設のAECプロジェクトと地理空間を結び付けて意思決定を支援する」というコンセプトのもと、ArcGIS Online に共有されているGISデータとAutodesk Construction CloudやBIM360に共有されている3Dモデルや設計図書を“リンク”させてGeoBIMのプロジェクト上で統合し、それをWebアプリで簡単に操作して、関係者間のコミュニケーションと共同作業の効率化を実現します。

クラウドを使用すれば建設プロジェクトの関係者とあらゆるデータを共有できますが、設計者の皆様がプロジェクトで共有する情報としては、図面データ(設計図書)やBIM/CIMモデルは欠かせません。一方で、GISは地図データだけでなく、3D都市モデルデータ、点群データ、統計情報、人流データ、IoTセンサーなど都市に関するさまざまなデジタルデータを統合できます。

BIM/CIMとGISでは利用できるデータ形式が違うことから、それぞれのデータをやり取りする際にデータ変換による情報の欠落やデータ管理の煩雑さなどの課題がありました。例えばGISを共通プラットフォームとして利用する場合、そこに格納するデータは基本的にGISデータにする必要があるためデータ変換のプロセスが発生していました。業務進行中に追加され更新されていく図面の管理を考えると、GIS統合でのデータ変換は大きな障壁でもあります。

ArcGIS GeoBIMは、ArcGIS OnlineとAutodesk Construction Cloudの各クラウドにそれぞれのフォーマットで共有されているものを接続する仕組みのため、データ変換を最小限にすることが可能です。また、ArcGIS Online、Autodesk Construction Cloudのどちらも、サインインして必要な人にだけ必要な情報を共有できるため、重要な情報をセキュアな環境でご利用いただけます。

BIM/CIMとGISのクラウド連携のメリット

ArcGIS GeoBIMによるBIM/CIMとGISのクラウド連携のメリットは、以下のとおりです。

  • 統合プラットフォームへと環境を移行させることで、GISとBIMデータにリアルタイムにアクセスでき、データを変換する必要がなくなるためワークフローが効率化される。
  • GISをデータ連携基盤とすることで、複数のシステムから最新データを取得して一元管理が行え、意思決定の迅速化が図れる。

活用事例

米国HNTB社

米国インフラ建設会社HNTBは米国最大級の国際空港の港整備プロジェクトにESRI社のGeoBIMを採用しました。このプロジェクトでは、既存の旅客ターミナルを拡張・再開発し、新しいコンコースの追加や航空機のゲートの交換や拡張など多くの機能性便利性向上を目指しています。HNTBは周囲のインフラにどのような影響を与えるか、地理空間を背景とし現実の世界観を元に設計に入りました。チームのメンバーはデジタルツイン(実世界を視覚化し、コラボレーションを容易にする3Dモデル)をまず作成し、インフラの設計が位置情報にも対応できるよう、新しいソリューションであるGeoBIMを採用したのです。GeoBIMを採用したことで、BIM/CIMのデータをプロジェクトのあらゆる関係者が見ることができ、異なるデータやシステムとの接続が可能となり、また情報の共有や進捗の監視がよりスムーズに行えた事例となります。

esriジャパン 米国インフラ建設会社が大規模な空港整備プロジェクトに地理空間対応の BIM ソリューションを採用

ArcGIS

Autodesk製品とGIS連携が可能なArcGIS。デスクトップ製品とクラウドサービスがあります。

弓場 洋子

大塚商会CADソリューション推進課

CIMブログ第1弾として弓場が投稿しました。CADのアプリケーションスペシャリストとして、3次元CAD製品の教育および販売支援業務を行っています。主に建設土木業向けのAutodesk製品を担当しています。