• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CIMに対応する製品

CIMやi-Constructionの3次元モデル作成に必要なツールとは?

CIMにおける3次元モデルの流れ

CIMの3次元モデルは、構造物の形状を3次元で作成するだけでなく、材質やコストなどの属性情報を付加したデータモデルです。調査・計画、設計、施工、維持管理の各段階において受け渡されたデータは、利用・更新され次の段階に進みます。

CIMのデータモデルイメージ

CIM / i-Construction対応で利用される製品

『CIM導入ガイドライン』には、地形モデル、線形モデル、統合モデルのように計7種類のCIMモデルが定義されていました。CIMやi-Constructionへの対応では、作成するモデルや用途に応じた製品をご利用いただく必要があります。

  製品 特徴
点群処理 Autodesk ReCap Pro 点群編集、画像処理
TREND POINT 点群編集、土量計算、出来形管理
WingEarth 点群編集、土量計算、出来形管理
地形・線形モデル Autodesk Civil 3D 3D地形、3D設計、土工
地質土質モデル GEORAMA for Civil 3D 3D地質モデル
構造物モデル Autodesk Revit 3D構造物、3D配筋
データ統合・属性管理 Autodesk InfraWorks 合意形成モデル
Autodesk Navisworks 干渉チェック、施工ステップ、
3Dビューアー
Navis+ 属性管理
施工計画・出来形管理 TREND CORE 土量計算、出来形管理

オートデスクのCIM、i-Construction対応製品

CIMやi-Constructionでの利用に最適なツールをパッケージ化したAutodesk Architecture, Engineering & Construction Collectionには、数多くのCIM試行で利用された製品が含まれています。

Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collection

関連情報

セミナーレポート

リアルな3D地形モデル作成に、航空写真・衛星画像を活用!

大塚商会はAutodesk製品の認定パートナーとして評価をいただいています

大塚商会は、日本におけるオートデスク製品の販売、サポート活動を全力で取り組んでおります。

2012年度は、年間を通じオートデスクビジネスに多大なる貢献、優れた販売実績を残された最優秀パートナー企業として「Autodesk Partner Award Best Partner of the Year グランプリ」を2011年度に続き3年連続で受賞しました。2012年大塚商会が「販売代理店 No1」のグランプリとして通算15回めの表彰となります。

CIM対応にむけてのオートデスク製品の導入は、大塚商会にお気軽にご相談ください。

価格のご相談、資料請求、お問い合わせ

Autodesk Partner Award Best Partner of the Year グランプリ 受賞

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP