3DEXPERIENCE Platformとは

3DEXPERIENCE Platformのカギはコラボレーションにあり

ダッソーシステムズ社が提供する「3DEXPERIENCE Platform」は、製品開発に関わるチーム・組織全体で効率的な共同作業を行う「コラボレーションを活用しものづくり」を実現するための統合型製品開発環境です。

「3DEXPERIENCE Platformとは何か?」をご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料があります

開発プロセス全体に必要なシステムの複合体

3DEXPERIENCE Platformは、設計、製造、サービス、マーケティングにいたる開発プロセス全体に必要なシステムの複合体です。

  • 開発プロジェクトのメンバーによるコミュニケーション
  • 3D CAD、解析、データ管理、プロジェクト管理、ビューアーなど製品設計で求められる各種ツールの利用
  • 3Dデータを含む、設計に関するあらゆる情報の保存・共有
  • ソーシャル環境を用いた設計レビュー、意見交換 など

3DEXPERIENCE Platformは、これらの機能・ツールをクラウド上でご提供しています。3DEXPERIENCE Platformにアクセスすることで、だれもが同一環境で各種ツールを利用して作業できるため、場所、時間、デバイスに制限されずにシームレスに連携してご利用いただけます。

コラボレーションによるものづくりを実現

3DEXPERIENCE Platformは「積極的なコミュニケーション(コラボレーション)」をコンセプトに開発されています。3Dデータを含む設計に関するあらゆる情報を共有できるだけでなく、メンバーが参加するコミュニティへアイデアや意見を投稿することで、設計レビューやフィードバックなどの議論が行えるソーシャル環境をご利用いただけます。

3DEXPERIENCE Platformの構造

3DEXPERIENCE Platformは「パブリッククラウド」になりますが、複数の要素からなる階層的な構造を持ちます。

ハードウェア環境である「データセンター」の中にプラットフォームとなる「パブリッククラウド」があり、その中にユーザー(企業)ごとに割り当てられるデータ領域「テナント」があります。テナントの中にはユーザーが利用するツールのライセンスに相当する「ロール」、さらにロールの中にはさまざまな機能をもたらす「アプリ」が複数含まれています。

役割に応じたロール設定

開発に関わるメンバーは、共通のコラボレーションツールのほか各自の役割に応じた「ロール」を付与することで、必要なツール(アプリ)の使い分けができます。

3DEXPERIENCE Works

3DEXPERIENCE(R) Worksとは、3DEXPERIENCEプラットフォームの各種ソリューションをSOLIDWORKSデスクトップのお客様へご提供するポートフォリオです。プラットフォームの多彩なアプリケーション群を組み合わせることで、SOLIDWORKSデスクトップ製品が持つ機能をさらに拡張します。

3DEXPERIENCE Worksの3D CAD機能

3D CADアプリを利用できるロールとして、3D Creator、3D Sculptor、3DEXPERIENCE SOLIDWORKSが属しています。

3D Creator機械設計者向け・概念設計者向けの3Dツール
3D Sculptor工業デザイン・外装デザインに特化した3Dツール
3DEXPERIENCE SOLIDWORKS3DEXPERIENCEプラットフォームへの接続を前提としたSOLIDWORKSで、コネクテッド版などとよばれる。SOLIDWORKS。従来のデスクトップ版と同様、PCにインストールしてPC上で動作するが、プラットフォームへ接続しても各種機能を利用できる

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

3DEXPERIENCEプラットフォーム 概要紹介

主な内容

  • 3DEXPERIENCEプラットフォームとは?
  • ロールとアプリ
  • SOLIDWORKS連携機能