適切なライセンス管理でSOLIDWORKSを有効活用するコツ

SOLIDWORKSには、二つのライセンス形態とさまざまな管理機能があります。これらをうまく活用し管理することで、余剰ライセンスを省き、コストダウンにつながります。

二つのライセンス形態(スタンドアロン、ネットワーク)を知る

SOLIDWORKSには「スタンドアロンライセンス」と「ネットワークライセンス」の二つのライセンス形態があります。

スタンドアロンライセンス

  • ノードロックライセンス方式を採用。
  • ライセンスは認証したPCでのみ使用可能。
  • ネットワークから切り離された環境でも使用できる。

ネットワークライセンス

  • フローティングライセンス方式を採用(PC1台ずつライセンス認証するのではなく、ライセンスサーバー(注1)を立てて起動数を監視する方式)。
  • ネットワーク上のクライアントにライセンスを配布することで、複数のクライアントをサポートできる。
  • 複数のユーザーが必要なときだけSOLIDWORKS製品を使用するケースに適している。
  • ユーザー数はライセンス数を上回ることが可能だが、同時起動できるユーザー数はライセンス数と同一。
  • (注1)ライセンスサーバーはSolidNetWork License Managerソフトウェアで管理し、ライセンスの使用状況を確認できます。

ネットワークライセンスを構築するには、別途費用が必要になります。また、原則としてサブスクリプションへの加入が必須です。構築費用やサブスクリプション調整費用については、新規、追加、統合、切り離しなど条件によって異なります。詳細は次よりお問い合わせください。

ネットワークライセンスを利用するメリット

SOLIDWORKSをネットワークライセンスとして利用することで、次の情報を管理することができます。

  • ライセンスの借入・返却
  • 監視機能(ライセンスタイムアウト)
  • ユーザーグループの定義
  • 機能へのアクセス許可、拒否の設定
  • ライセンスの借入本数制限 など

システム管理者向け機能「SOLIDWORKS CAD Admin Dashboard」

ライセンス管理以外にもシステム管理者向けに、SOLIDWORKS CAD Admin Dashboard機能をご用意しています。この機能はSolidWorks社のアクティベーションサーバーを介して、社内のクライアントマシンを対象に次のハードウェアを管理できます。

  • システムオプションの管理
  • ハードウェアの管理
  • パフォーマンスの管理
  • SOLIDWORKSセッション情報の管理
  • 問題のコンピューターの管理

SOLIDWORKS CAD Admin Dashboardの詳細は次をご覧ください。

SolidWorks CAD Admin Dashboardでマシン情報を一元管理

SOLIDWORKSの使用に必要なライセンスアクティベーションとは?

SOLIDWORKS製品の起動にはライセンス形態によらず、ライセンスアクティベーションが必要になります。ライセンスアクティベーションとは、SOLIDWORKS製品の正規ユーザーを安全かつスムーズに認証するプロセスです。ライセンスアクティベーションはSOLIDWORKS製品の不正な使用を防止するために必要になります。

ライセンスアクティベーションを別マシンにも移動できる

取得したライセンスアクティベーションを「トランスファー」という機能で、別のマシンに移行することができます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル