下部工基礎スイート 基礎の設計計算

カスタマイズ版

杭基礎、鋼管矢板基礎、ケーソン基礎、地中連続壁基礎、直接基礎の設計計算および液状化判定を支援する基礎設計計算統合プログラム。震度法、保有耐力法による計算、部材の設計をサポートし、詳細設計レベルでさまざまな基礎形式・工法の検討が行えます。

動作環境

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentium III 800MHz以上(推奨Pentium IV以上)
必要メモリー(OSも含む)512MB以上(推奨1,024MB以上)
必要ディスク容量約200MB以上(推奨約250MB以上)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F8F
旧データ:F8I、KID、AKID、AKFW、AKDW、ABPW、AFLW
基礎の設計データ:FND、AFND
ファイル出力HTML、3DS、VRML、TXF(テキスト)、PSX、SFC、P21、DWG、DXF、JWW、JWC、FRG、TSD
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動橋台の設計・3D配筋
箱式橋台の設計計算
ラーメン式橋台の設計計算
橋脚の設計・3D配筋
PC橋脚の設計計算
擁壁の設計・3D配筋
控え壁式擁壁の設計計算
水門の設計計算
ほか製品の読み込み基礎の設計・3D配筋
ラーメン橋脚の設計計算
ほか製品の保存SI対応版 F8旧製品データ($o1)
UC-win / Road(3DS、VRML)
UC-Draw(PSX、TSD)
フーチングの設計計算(XPR)
備考調表出力対応
旧製品データの読込はSI単位系のみ対応。保存バージョン制限あり
他製品との連動にはF8 COM SERVERが必要