下部工基礎スイート フーチングの設計計算

部分係数法・平成29年道示対応

土木構造物のフーチングの断面照査プログラム。公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説を参考に、フーチングの断面照査に対応したものです。

  • 一般的な矩形フーチングと合わせ、円形フーチングにも対応しており、円形形状における断面力算定を行う。
  • 直接基礎では底面地盤反力度による断面力の算定も円形形状に対して行う。
  • 柱は橋軸直角方向に4本まで配置可能。多柱式の場合、フレーム解析による連続フーチングとしての柱間照査を行う。

動作環境

OSWindows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentiumII 333MHz以上(推奨Pentium III 800MHz以上)
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨256MB以上)
必要ディスク容量約30MB
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子PFT
ファイル出力F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動基礎の設計・3D配筋(部分係数法・平成29年道示対応)
橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・平成29年道示対応)