下部工基礎スイート 震度算出(支承設計)

部分係数法・平成29年道示対応/カスタマイズ版

複数振動系を有する橋梁の静的フレーム法による震度算出プログラム。公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説を参考に、橋梁の固有周期、設計水平震度、慣性力を静的解析により算定可能です。

動作環境

震度算出(支承設計)(部分係数法・平成29年道示対応)Ver.3

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUOSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
必要メモリー(OSも含む)OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
必要ディスク容量約160MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子PFU
ファイル出力HTML、3DS(3Dモデル)
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動Engineer's Studio
箱式橋台の設計計算(部分係数法・平成29年道示対応)
ラーメン式橋台の設計計算(部分係数法・平成29年道示対応)
備考調表出力対応

震度算出(支承設計)(カスタマイズ版)

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentium 166MHz以上(推奨Pentium II 300MHz以上)
必要メモリー(OSも含む)512MB以上(推奨1GB以上)
必要ディスク容量約160MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F8W
旧データ:TWJ、TWD、UCW
ファイル出力HTML、3DS(3Dモデル)
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品とのファイル連携橋台の設計・3D配筋
橋脚の設計・3D配筋
PC橋脚の設計計算
PCウェル式橋脚の設計計算
RC下部工の設計計算/ラーメン橋脚の設計計算
RC下部工の設計・3D配筋/ラーメン橋脚の設計・3D配筋
箱式橋台の設計計算
ラーメン式橋台の設計計算
ほか製品の保存SI対応版 F8旧製品データ($o1)
Engineer's Studioデータ
UC-win / FRAME(3D)データ
備考立体骨組解析を行うには「震度算出(支承設計)カスタマイズ版」と「立体解析オプション」と「ADF COM Server」のライセンスが必要
調表出力対応