下部工基礎スイート 橋台の設計・3D配筋

部分係数法・平成29年道示対応/カスタマイズ版

逆T式橋台、重力式橋台の設計計算、耐震・補強設計、図面作成プログラム。

基礎の安定に関する照査においては各基礎形式ごとの安定の照査を満足する必要がありますが、新基準対応として「基礎の変位の制限」による照査が新設されました。部材照査においては死荷重、活荷重、地震の影響などの作用に対し安全性を有する耐荷性能の照査と、想定される繰り返し荷重による疲労や鋼材の腐食などの影響に対して設計する耐久性能の照査を行います。

動作環境

橋台の設計・3D配筋(部分係数法・平成29年道示対応)Ver.2

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentium 200MHz以上(推奨Pentium III 500MHz以上)
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨256MB以上)
必要ディスク容量約160MB以上(推奨約180MB以上)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子PFA
ファイル出力HTML、VRML、3DS、PSX、SFC、P21、DXF、DWG、JWW、JWC、TSD
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動震度算出(支承設計)(部分係数法、平成29年道示対応)
基礎の設計・3D配筋(部分係数法、平成29年道示対応)
深礎フレーム・3D配筋(部分係数法、平成29年道示対応)
備考調表出力対応
連動にはF8 COM SERVERが必要

橋台の設計・3D配筋(カスタマイズ版)

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentium 200MHz以上(推奨Pentium III 500MHz以上)
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨256MB以上)
必要ディスク容量約160MB以上(推奨約180MB以上)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F8A、F8H、F8W、ABO、ABK、ABT
旧データ:ABI、AABI、AGKI、AJKI、JKC
ファイル出力HTML、VRML、3DS、PSX、SFC、P21、DXF、DWG、JWW、JWC、TSD
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動基礎の設計・3D配筋
深礎フレームの設計・3D配筋
他製品とのファイル連携震度算出(支承設計)
ほか製品の保存UC-win / Road
UC-Draw
備考調表出力対応
連動にはF8 COM SERVERが必要