構造解析上部工スイート UC-BRIDGE(分割施工対応)

部分係数法・平成29年道示対応/旧基準

道示コンクリート橋編に準拠したPC、RC主桁部の設計計算プログラム(旧基準版は平成14年3月版に、新基準版は平成29年判に適用)。

PRC橋の計算をサポートし、外ケーブル構造にも対応。断面力算出から断面照査、概算数量算出までの一連の計算ができ、設計総括表の出力が可能。「任意形格子桁の計算」の結果の取り込み、ねじりモーメント、せん断鋼棒を考慮した照査、曲げひびわれ、曲げ疲労の照査をサポート。

A・B活荷重(L荷重・T荷重)に対応。固有値解析、横方向解析、分割施工に対応。電子納品対応として、Word出力、禁止文字チェック、しおり作成などをサポート。コンクリート許容応力度、外ケーブルの増加応力度など、NEXCO(旧道路公団)の設計要領にも準拠。Engineer's Studioへのデータファイルエクスポート(構造、断面、荷重、地震波データ)に対応。

動作環境

UC-BRIDGE(分割施工対応)(部分係数法・平成29年道示対応) Ver.2

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
CPUPentium II 300MHz以上
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨:256MB以上)
必要ディスク容量約200MB以上
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子PFB
旧データ:F7Q
ファイル出力HTML
TXT
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との読み込み任意形格子桁の計算
断面登録(SBR)
他製品との保存SI対応版 F8旧製品データ($o1)
任意形格子桁の計算
断面登録(SBR)
RC断面計算
Engineer's Studio
備考断面登録

UC-BRIDGE(分割施工対応) Ver.10、UC-BRIDGE Ver.10

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
CPUPentium II 300MHz以上
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨:256MB以上)
必要ディスク容量約200MB以上
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F7Q
旧データ:F8Q、UBI、ABRI、INP
ファイル出力HTML
TXT
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との読み込み任意形格子桁の計算
断面登録(SBR)
他製品との保存SI対応版 F8旧製品データ($o1)
任意形格子桁の計算
断面登録(SBR)
RC断面計算
Engineer's Studio
備考断面登録機能(RC断面・鋼断面)