構造解析上部工スイート 落橋防止システムの設計計算

部分係数法・平成29年道示対応/旧基準

落下防止システムの設計計算は桁かかり長、縁端拡幅、落橋防止構造、変位制限構造の照査に対応した落橋防止システムの設計計算プログラムです。

平成29年道示対応版と旧基準版の違い

平成29年道示対応版と旧基準版では、以下のような違いがあります。

照査項目平成29年道示対応版旧基準版
桁かかり長
落橋防止構造○(落橋防止壁)
横変位拘束構 
段差防止構造 
縁端拡幅 ○(鉄筋コンクリート、鋼製ブラケット)
変位制限構造 ○(変位制限壁、アンカーバー)

動作環境

落橋防止システムの設計計算(部分係数法・平成29年道示対応) Ver.2

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentium III 800MHz以上(推奨:PentiumIV以上)
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨:256MB以上)
必要ディスク容量約30MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768
色数64k色以上
入力データ拡張子PFD
ファイル出力HTML
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、PPF、DOC、DOCX、PDF、JTD、JTDC

落橋防止システムの設計計算 Ver.5

OSWindows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPUPentiumIII 800MHz以上(推奨:PentiumIV以上)
必要メモリー(OSも含む)128MB以上(推奨:256MB以上)
必要ディスク容量約30MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768
色数64k色以上
入力データ拡張子F3R
旧データ:F9R
ファイル出力HTML
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、PPF、DOC、DOCX、PDF、JTD、JTDC
他製品とのファイル連携震度支承ファイル
他製品とのデータ連携橋脚の設計・3D配筋